1. トップ
  2. メイク
  3. 話題の韓国発ヴィーガンブランド「hersteller」って知ってる?カラーリップバームが日本公式ECストアに登場

話題の韓国発ヴィーガンブランド「hersteller」って知ってる?カラーリップバームが日本公式ECストアに登場

  • 2024.6.24
  • 226 views

韓国発ヴィーガン&クルエルティフリーブランド「hersteller(ハーステラー)」のカラーリップバーム「ニアバイ リチャージングリップバーム」が、日本公式オンラインショップにて販売スタート。

リップだけでなくチークにも使える、植物由来成分をたっぷりと配合した優秀リップに注目です!

韓国発ヴィーガンブランド「hersteller」って知ってる?

韓国発のヴィーガン&クルエルティフリーブランド「hersteller」のアイテム
isuta[イスタ]

2023年に日本初上陸を果たした、韓国発のヴィーガン&クルエルティフリーブランド「hersteller」。ヴィーガンのノウハウを詰め込み、最適な自然原料と確かな効能にこだわったアイテムを展開しています。

韓国発のヴィーガン&クルエルティフリーブランド「hersteller」のアイテム
isuta[イスタ]

同ブランドの「NEARBY(ニアバイ)」は、日常に取り入れやすいスペシャルケアを提案するコレクション。

生命を尊重するヴィーガンの価値を追求し、より良い未来のために持続可能なエコ素材を使用しているのも特徴だといいます。

このたび、そんな「NEARBY」シリーズのカラーリップバーム「ニアバイ リチャージングリップバーム」(税込1580円)が、日本公式オンラインショップに登場。

無駄のないシンプルで洗練されたパッケージも、とってもおしゃれなんです。

チークにも使える「カラーリップバーム」は豊富なカラバリが◎

「hersteller」の「ニアバイ リチャージングリップバーム」
isuta[イスタ]

「ニアバイ リチャージングリップバーム」は、唇を保湿しながら、ナチュラルで健康的な発色をプラスするリップバーム。

頬に軽くつけて指でポンポンとぼかせば、チークとしても使える便利なアイテムです。

「hersteller」の「ニアバイ リチャージングリップバーム」
isuta[イスタ]

世界で最も審査が厳しいといわれるフランスの「EVE VEGAN(イブヴィーガン)」により、VEGAN認証を取得。

ヴィーガンバターコンプレックスや5種の植物オイルなど、植物由来成分を97%配合し、べたつかないのにしっとり感が長持ちする、ツヤのある唇に導くといいます。

「hersteller」の「ニアバイ リチャージングリップバーム」カラー展開
isuta[イスタ]

カラーは、トーンダウンローズ『ROSY』やビビッドなクールピンク『FUCHSIA』、ソフトクールモーブ『MAUVE』など、全7色がラインナップ。

顔がパッと明るく映えるかわいらしい色味から、ドライフラワーをブレンドしたような落ち着きのあるくすみカラーまで揃うから、ついいくつも揃えたくなっちゃいそうですね。

「ハンドクリーム」や「ボディケアアイテム」も見逃せない

「hersteller」の「ニアバイ インテンスハンドバーム」
isuta[イスタ]

同じく「hersteller」に登場している、ハンドクリームやボディウォッシュ、ボディローションも要チェックです。

「ニアバイ インテンスハンドバーム」(税込2200円/50mL)は、深い保湿・栄養を与えながらもべたつかない、クリーミーなバターテクスチャが特徴。

長い時間続く、深くて柔らかい香りも魅力なんだそうですよ。

「hersteller」の「ニアバイ ボディウォッシュ」「ニアバイ ボディローション」
isuta[イスタ]

「ニアバイ ボディウォッシュ」(税込2640円/300mL)は、肌のpHバランスを整えてなめらかな肌に仕上げてくれるのだとか。

そのあとに「ニアバイ ボディローション」(税込2860円/300mL)を使えば、高密度な保湿膜が肌をやさしく包み込んでくれるといいますす。

心地よい香りに癒されながら、至福のバスタイムを過ごしちゃいましょう。

日本公式オンラインショップでゲットして

ご紹介した「ニアバイ リチャージングリップバーム」は、Yahoo!ショッピングや楽天など、日本公式オンラインショップで購入可能。

毎日のお出かけ用ポーチに、リップとチークを自然に彩る便利なリップバームを、ぜひ追加してみてくださいね。

Yahoo!ショッピング「ニアバイ リチャージングリップバーム」販売ページ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/

参照元:武内製薬株式会社 プレスリリース

元記事で読む
の記事をもっとみる