1. トップ
  2. お仕事
  3. 「入園申し込みを忘れた」育休を延長したい母がやらかした実話を漫画化

「入園申し込みを忘れた」育休を延長したい母がやらかした実話を漫画化

  • 2024.6.24
  • 10950 views

皆さんは育休の取得をしたことがありますか?復職に向けて保活をしたり、せっかくの育休なのにゆっくり過ごしたりするどころか、慌ただしく過ごした経験がある人もいるかもしれません。今回ご紹介するのは、みいの・育児漫画・エッセイ漫画(@mi_inooooo)さんの作品です。みいのさんの身に起きたトラブルをぜひひとごとと思わずお読みください。『突然始まる保活の話』です。どうぞごらんください。

育休を延長しようとしたところ、会社から連絡が…

みいのさんは育休を取得中。コロナ禍などの状況もあり、育休を延長することにします。のんびりわが子と過ごせると思っていたところ、会社から電話が…。

保育園の「保留通知書」という聞きなれない言葉に戸惑うみいのさん。果たしてどうなるのでしょうか。

のんびりしすぎた育休に激しく後悔

手続き関係はちょっと難しいイメージがあって、着手を遅らせがち。会社勤め中なら特に「人事の人が勝手にやってくれる」というようなイメージもあって、つい忘れてしまうことも。しかし、育児休業は自分の生活のこと。計画的にその後のことを考えて、早めに行動したいですよね。

ホームページを開いたものの、挫折ぎみのみいのさん。大事な資料を読もうと思っても、初めてのことは理解するのが大変。さらに子どもの相手をしながらだと、なかなか時間も取れませんよね…。

ようやく開始できた保活…

ようやく必要書類を集めることができたみいのさん。子どもがいながら書類を集めるのも、役所に行くのもなかなかな労力。だいぶ出遅れてしまったみいのさんの保活ですが、無事に決まるといいですよね。

保育園の申し込みと育児休業給付金は受付先が異なり、どちらも自分で申請が必要です。自分が忘れないことはもちろんですが、初めての方でも理解しやすい周知やリマインドのしくみがあるとより良いのかもしれませんね。

著者:ママリ編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる