1. トップ
  2. 『光る君へ』“宣孝”佐々木蔵之介、“道長”柄本佑に結婚報告 勝ち誇った表情に反響「男の修羅場」

『光る君へ』“宣孝”佐々木蔵之介、“道長”柄本佑に結婚報告 勝ち誇った表情に反響「男の修羅場」

  • 2024.6.24
  • 221 views
大河ドラマ『光る君へ』第25回「決意」より (C)NHK width=
大河ドラマ『光る君へ』第25回「決意」より (C)NHK

吉高由里子が主演を務める大河ドラマ『光る君へ』(NHK総合ほか)第25回「決意」が23日に放送され、宣孝(佐々木蔵之介)が道長(柄本佑)と対面する様子が描かれると、ネット上には「男の修羅場」「煽ってくスタイルの宣孝さま」などの声が相次いだ。

【写真】宣孝(佐々木蔵之介)と対峙する道長(柄本佑) 『光る君へ』第25回「決意」場面カット

越前に滞在中のまひろ(吉高)のもとには、都へ戻った宣孝から頻繁に恋文が届いていた。父・為時(岸谷五朗)からの勧めもあり、まひろは都に戻って今後の身の振り方を考えることになる。

一方、道長は定子(高畑充希)を愛しむあまり政が疎かになっている一条天皇(塩野瑛久)に頭を悩ませていた。そんな中、晴明(ユースケ・サンタマリア)の予言通り、都に次々と災害が発生する。

大雨や水害の対応がひと段落したある日、道長のもとを宣孝が訪ねてくる。宣孝は為時と親戚であることを説明しつつ、為時が越前で無事に働いていることを告げる。そして為時の娘・まひろが夫を持つと打ち明ける。

それまで書類に目を落としていた道長だったが、顔をあげて宣孝を見ながら「それはめでたいことであった」と返答。そのまま黙ってニコニコしている宣孝に対して道長は思わず「なんだ?」と一言。これに宣孝が「実は私なのでございます」とささやくと、道長は「何が私なのだ?」と重ねる。

すると宣孝は、勝ち誇ったような笑顔を見せながら「為時の娘の夫にございます」と言い放つ。まさかの言葉に、一瞬体に力が入る道長だったが笑顔で「それは何より」と応じるのだった。

まひろとの繋がりが深い宣孝と道長が対峙すると、ネット上には「うわ、直接対決来たー!」「イケおじ宣孝VS元カレ道長」「男の修羅場」といったコメントが続出。さらに「元カレに結婚します報告してマウントを取る今カレ」「煽ってくスタイルの宣孝さま、完全勝利宣言って感じで良い」などの反響も寄せられていた。

元記事で読む
の記事をもっとみる