1. トップ
  2. 恋愛
  3. 遠距離恋愛中の彼に「たまには来てほしい」とお願いされ、返した彼女の言葉に「え?」

遠距離恋愛中の彼に「たまには来てほしい」とお願いされ、返した彼女の言葉に「え?」

  • 2024.6.24
  • 2799 views

この漫画は、主人公・すみれさんが友人との価値観の違いに気づき、その後疎遠になったお話です。すみれさんは友人との旅行では、いつも車を出していました。しかし、友人はお礼もなく当たり前という態度です。ある日、友人・ゆっきーに呼び出されて「彼氏と別れた原因をジャッジしてほしい」と頼まれたすみれさんたち。そこにも、ガソリン代をめぐるトラブルが潜んでいるようです。育った環境によって「常識のズレ」が生じるのは当然です。しかし、そのなかでもお互いが気持ちよく過ごせるにはどうすれば良いのか考えるきっかけになる作品です。『ガソリン代どうする?』第32話をごらんください。

ゆっきーは同じ会社の彼・ゆうたくんと遠距離恋愛をしていました。ゆうたくんは、毎週末往復4時間かけてゆっきーに会いにきてくれます。交際がはじまって4か月がすぎたころ、ゆうたくんから「たまにはこっちにきてほしい」と言われます。

往復が大変なのだと考えたいところですが、ゆっきーは送迎してくれるのだと勘違い。彼氏の負担を考えていなかったようです。

気づかない「無神経」について考えさせられる作品

『ガソリン代どうする?』では、仲良しだった友人との間で、ガソリン代をめぐってモヤモヤした話が描かれます。

旅行などで「自家用車に乗せてあげる」あるいは「乗せてもらう」という経験はありませんか。そんなとき、ガソリン代はどのようにやりとりしているでしょうか。本作では、いつも車を出すすみれに対し、友人たちはガソリン代も出さずに知らん顔。すみれは当初「こんなものなのかな」と思っていましたが、別の友人に「それは非常識」と聞き、モヤモヤをつのらせていきます。

ガソリン代のやり取りに明確な正解はなく「お互い様だから毎度支払わない」「いつもお世話になっているお礼だから特にもらわない」という間柄の人もいれば「毎回折半する」「お礼を渡す」など、できるだけ負担が1人に寄らないように調整する人もいるでしょう。お互いがモヤモヤせず、すっきりできる方法が一番ですね。相手の意思がわからないときは、どのように清算すればよいかを、乗せてもらう側からたずねてみるのがよいかもしれません。

どんなに親しい間柄でも、お互いの考える常識は違います。知らないうちに、相手に「無神経だ」と思われているとしたら悲しいですし、自分も相手をそう思いたくはありませんよね。お互いが気持ちよくやり取りできるよう、事前にコミュニケーションをした上で「ガソリン代どうする?」に対する答えを整理できれば良いのではないでしょうか。

著者:ママリ編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる