1. トップ
  2. スキンケア
  3. ほうれい線やあごのたるみに効く!【カリスマ美容家直伝】顔たるみ解消マッサージ

ほうれい線やあごのたるみに効く!【カリスマ美容家直伝】顔たるみ解消マッサージ

  • 2024.6.24
  • 14037 views

顔が老けて見える原因である「たるみ」を解消するマッサージのやり方を解説します。今回は顔の下半分に効く「下げて上げるマッサージ」についてです。

顔の下半分のたるみは「下げて上げるマッサージ」で撃退!

顔の下半分の「ほうれい線・二重あご・マリオネットライン」などに効果的
顔の下半分の「ほうれい線・二重あご・マリオネットライン」などに効果的

マッサージは、重力に逆らうように筋肉を上げるのが一般的ですが、浅香純子さんが教えるマッサージは「下げる」のがポイントで、顔の下半分の老け見え撃退に効果的です。顔の上半分に効く頭皮マッサージとともに朝の洗顔後に行えば、日中、約10時間スッキリ顔に!

マッサージで顔のリフトアップを目指しましょう。といっても、浅香流では手のひらでぐーっと顔を下げます。「ただでさえたるんでいるのに、顔を下げてもいいの?」と思うかもしれませんが、もちろんこれには理由があります。

第一に、筋肉には「伸張反射」といって、ゴムのように、伸ばすと縮むという性質があります。その作用を、このマッサージでは利用します。顔をぐーっと下げることで筋肉の反発力が促され、顔が上がってきます。

第二に、肩がこるように顔もこり、かつ、むくんでいます。そのため老廃物を流すことも大切です。顔のツボをほぐし、首のリンパを手でさすって流すことで、コリもむくみも解消されて顔が軽くなります。

筋肉に働きかけるため、効果は約30分後からじわじわと表れ、10~12時間持続します。朝行えば、日中、スッキリ顔に! 夜、再び顔が下がったら、ハリと潤いを与えるクリームなどでケアを。このマッサージを毎日続ければ、徐々にたるみ自体も進行しにくくなります。

顔の下半分がスッキリ!下げて上げるマッサージのやり方

1 クリームを顔全体になじませる

マッサージ用クリームを手に取る

マッサージ用クリームを手に取り、手のひらに広げてから、顔全体になじませます。
 

2 たるみ解消のツボをほぐす

たるみ解消ツボ

頰骨の一番下から、指1本分内側のツボに、両手の人さし指を置きます。指の位置はずらさず、ぐーっと押しながら、10回回します。

3 ほうれい線のスタート地点をほぐす

ほうれい線のスタート地点をほぐす

ほうれい線が始まる位置は意外にも思っているより少し上です。小鼻横のやや上に人さし指を置き、指の位置はずらさずに、ぐーっと押しながら、10回回します。左右行います。
 

4  手のひらで顔を包み、下げていく
顔は、手と肌をしっかり密着させて下げます。首はそっとなでるだけ。

手のひらで顔を包み、下げていく

右の手のひらをぴたっと左の額に密着させ、左手を重ねます。

手のひらで顔を包み、下げていく

眼球は押さないよう注意して、口を軽く開け、力を抜きます。あごに向かって、手を密着させたまま、ぎゅーっと下げます。

手のひらで顔を包み、下げていく

あごの下まで手を下げたら左手を外し、右の指で、リンパの流れに沿って耳たぶの後ろから鎖骨まで優しくなでます。左右3セット繰り返します。

読者が変身!マッサージでこんなに変わった

スッピン(左)とたるみ解消マッサージ&メイク後(右)の比較
スッピン(左)とたるみ解消マッサージ&メイク後(右)の比較

ハルメク読者の坂本真理子さん(62歳)が挑戦! 肌の透明感がアップし、ほうれい線の影が薄くなり、若々しい印象になりました。

「下げるマッサージ」を1回行った瞬間、「顔が軽くなった!」と言う坂本さん。マッサージ後は顔全体がトーンアップし、たるみによる影が薄くなってほうれい線が目立ちにくくなりました。あごのもたつきもすっきり。

次の記事では、たるみ解消に効果的な「大人の目力メイク」のやり方を解説しますので、あわせて行ってみてくださいね。


■教えてくれたのは?

Say若創り学教室 浅香純子さん

浅香純子(あさか・じゅんこ)さん
大人女性のための化粧品ブランドやスキンケア&メイク教室を立ち上げる。ハルメクでも大人のメイク教室や化粧品の開発に協力。絶大な人気を誇る。

取材・文=田渕あゆみ、大矢詠美(ともにハルメク編集部) 撮影=中西裕人 イラストレーション=川野郁代 メイク=嘉門芳子(Say銀座教室) ヘア=木村三喜
※この記事は2018年7月号「ハルメク」に掲載された内容を再編集しています。

元記事で読む
の記事をもっとみる