1. トップ
  2. ファッション
  3. ラクに着られて品もいい「キレイなロンT」ポイントは「ありきたりじゃない」そでまわりのデザイン

ラクに着られて品もいい「キレイなロンT」ポイントは「ありきたりじゃない」そでまわりのデザイン

  • 2024.6.23
  • 123 views



リアルタイムで活躍するうえ、半そでより大人っぽく二の腕など体型カバーにも有効な、いいことづくめのロンT。なかでも印象を左右する「首とそで」にねらいを定めた、価値のあるアイテムをご提案。



ささやかなドレスアップ「そで周辺のデザイン」


ロンTならではの長めのそでに個性を持たせて、華やぎを補う算段。気どらない軽やかな素材だからこそ、多少大げさなシルエットでも力を抜いて装える。



ひらりと揺れる「ひじから広がるフレア」

ベルスリーブロンT/AKTE 繊細なシアー素材を用いたタイトな身ごろとは対極的な、ダイナミックに広がるそでが華やかな見た目をあと押し。そでの内側部分にあしらわれた深めのスリットは、躍動感を高めるだけでなく、手元の動作に干渉しにくい効果もあり。首元は意外にも鎖骨が出ない程度のつまり加減で、品のよさもそこなわない設計。



メリハリが生まれる「部分的にシアー素材」

〈右〉白シアーシャーリングスリーブ切り替えロンT/ランバン オン ブルー(レリアン) 切り替え部分にギャザーを配して、チュールのやわらかさを強調。〈左〉黒シアースリーブ切り替えロンT/CIAOPANIC TYPY(CIAOPANIC TYPY カメイドクロック店) 落ち着いた印象はそのままに、ひじから下の透けでゆったりとした長そでの黒が軽やかに見違え。



単調に見せない「味のあるディティール」

ベージュメッシュトップス/イン(ショールーム リンクス) 部分的なステッチやそでのパッチワークなど、メンズっぽいディテールがメッシュトップスを辛口に転換。



ポイントは首・そでのデザイン性
【全19選の一覧・アイテムの詳細】
シンプルに使えて「もの足りなくならない」シンプル以上の長そでTシャツ

元記事で読む
の記事をもっとみる