1. トップ
  2. 恋愛
  3. 注目すべきは顔よりも“手”。男性の本音がわかる「手の仕草」

注目すべきは顔よりも“手”。男性の本音がわかる「手の仕草」

  • 2024.6.24
  • 2037 views

気になる男性の本音を確かめたくて、会話中は男性の表情に注目している女性は少なくないでしょう。

でも、実は顔の表情よりも“手”の方が、男性の本音が見えるのです。

そこで今回は、男性の本音がわかる「手の仕草」を紹介します。

手を見せてくれるor見せてくれない?

対面になって会話中、手をポケットに入れたまま、ずっとテーブルの下に手を置いているなど、男性が手を一切見せてくれないのは、まだ緊張状態もしくはあなたに心を開ききっていない状態ということ。

手を見せるかは心を開いているかとイコールと言っても過言でなく、常に会話中に手を見せてくれるということは、完全に心を開いているサインとなります。

前のめりの姿勢かつ、体の前で手を組む

会話中に前のめりの姿勢で、さらに体の前で手を組む男性は、会話に夢中になっていると同時にあなたにも夢中になっているでしょう。

「あなたともっと話したい」「あなたの話をもっと聞きたい」といった気持ちになっていることがわかります。

体の前で手を組んでいるけど、姿勢は前のめりではない

体の前で手を組んでいるけど、姿勢は前のめりでない男性もいるでしょう。

そういう男性は話をじっくり聞いてくれていても、心の内では「本音で話してくれているのかな?」「何か嫌なことを言われるのかな?」などの猜疑心が働いていて、少し身構えている状態です。

会話中の男性の手に注目すればある程度男性の本音が見えてくるものなので、ぜひ今回紹介した内容を頭に入れておいてくださいね。

元記事で読む
の記事をもっとみる