1. トップ
  2. 恋愛
  3. 妻「まさか娘の名前にしていたなんて、、、」【夫との離婚を決意】した理由とは?

妻「まさか娘の名前にしていたなんて、、、」【夫との離婚を決意】した理由とは?

  • 2024.6.23
  • 17884 views

離婚理由は様々ですが、中には「信じられない!」と驚いてしまうものもありますよね。今回は、ありえない夫の行動が原因で離婚した友人・Aさんから当時の話を聞いてきました。

画像: 妻「まさか娘の名前にしていたなんて、、、」【夫との離婚を決意】した理由とは?

名付け親は夫

私たち夫婦の娘の名前は「アユミ(仮名)」。名付け親は夫でした。妊娠が分かってすぐに夫が「娘には絶対にアユミっていう名前をつけたい」と言ったからです。

私は「そこまで言うなら……」と了承しました。ただ、これが後に離婚のきっかけになるだなんて、微塵も思いませんでした。

アユミって誰?

アユミを出産してから3年後。脱衣所に置いてあった夫のスマホが鳴りました。その時、夫は入浴中だったので、興味本位で画面をチラッと見てしまったんです。

すると画面には「着信・アユミ」の文字が……。私は嫌な予感がして、通話履歴をバァーっと一気に見ました。すると「アユミ」の文字がズラッと並んでいたんです。

頭に血が上った私は、単刀直入に夫に「このアユミって誰!?」とスマホを見せながら尋ねました。すると夫は「元カノ」とアッサリ白状したので驚きました。

忘れられない女

夫の言葉に唖然とする私に、夫は湯船につかりながら語り始めます。

「まじでいい女でさ~。ずっとアユミのことが忘れられなかったんだわ。名前も可愛いだろ? だから娘にもどうかなって思ってさ~」

なんと、夫は元カノの名前を娘につけたというのです。この瞬間、私は怒りを通り越して夫に幻滅しました。

その後、元カノ・アユミに電話をしてみたんです。するとアユミはキャバ嬢で、営業のために夫に電話したとのこと。

過去に付き合ってはいたものの、現在は恋愛感情などは一切なく、不倫関係は否定したアユミ。ただ、ここ最近、夫から一方的に復縁を持ちかけられていて困っているというのです。

この事実が発覚してから、夫のことが気持ち悪くてたまらなくなり、即離婚を決意しました。

娘の名前の捉え方

いくら忘れられなかったとしても、愛する娘に元カノの名前をつけるなんて許せませんよね。しかも、その元カノに言い寄っていたなんて最低です。

娘の名前を呼ぶたびに、この件が頭をよぎってしまうと話していたAさんでしたが、現在は再婚。

新しい旦那さまからは、「幸せに向かって3人で歩んでいこうね」とプロポーズされたようで、今では娘の名前を肯定的に捉えられるようになったそうです。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:花澤ひかる

元記事で読む
の記事をもっとみる