1. トップ
  2. おでかけ
  3. 京都で人気のオオサンショウウオ部屋、今年は80頭以上で復活

京都で人気のオオサンショウウオ部屋、今年は80頭以上で復活

  • 2024.6.23
  • 147 views

京都・河原町三条の宿泊施設「クロスホテル京都」(京都市中京区)にて、過去に2度実施され多くの反響を呼んだ「京都水族館」(京都市下京区)とのコラボルームが期間限定で復活。7月13日から、国の特別天然記念物「オオサンショウウオ」をテーマにしたコンセプトルームが1室限定でオープンする。

約80頭ものオオサンショウウオの壁面ステッカーで装飾された『OH! San View Room 2024』の客室イメージ

2021年6月より開催されている同企画では、約1.5メートルもの大きさのオオサンショウウオの壁面ステッカーが部屋全体のあらゆる箇所に装飾された「オオサンショウウオまみれ」の客室に滞在できることで人気の宿泊プラン。2023年9月末に販売を終了した後も復活を望む声が多数寄せられたことから、今回4カ月限定で復活することが決定したという。

客室内は「オオサンショウウオの里帰り」をテーマにデザインされており、「京都水族館」で飼育されているオオサンショウウオが元々棲んでいた京都・鴨川へ里帰りし、「クロスホテル京都」で休息しながら再び水族館へと帰っていくというコンセプト。

今回は80頭以上のオオサンショウウオのステッカー(一部最大約2メートルのラージサイズも)が、壁や天井、バスルームや洗面ルーム、トイレに至るまで、客室をぬめぬめと這うように装飾されており、鴨川方面から水族館方面に向かって一方通行に行進する様子が表現されている。

7月13日から8月31日までの前半期間は「サマーバケーション編」と称し、Tシャツとハーフパンツがセットになったオリジナルルームウェアと、オオサンショウウオのぬりえ絵本がセットになった宿泊プランが登場。こちらのプランは6月18日から宿泊予約を開始しており、受付は8月30日まで。また、9月1日以降の後半は「秋旅行編」とし、前半とは異なるグッズが登場する予定だという。

コラボルーム『OH!San View Room(オオ!サンビュールーム)』は最大4名まで宿泊可能、料金は1泊1室2名・5万5332円から(宿泊税・サービス料込み、宿泊税別途)。予約は「クロスホテル京都」公式サイト、もしくは宿泊予約の代表電話にて。

元記事で読む
の記事をもっとみる