1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【恋愛】女性300人が答えた「失恋から立ち直るために取った行動」トップ10発表「友達に話を聞いてもらう」を上回った1位は?

【恋愛】女性300人が答えた「失恋から立ち直るために取った行動」トップ10発表「友達に話を聞いてもらう」を上回った1位は?

  • 2024.6.22
  • 165 views
失恋から立ち直るために取った行動は…?
失恋から立ち直るために取った行動は…?

ウェブメディア「マッチングアプリ大学」を運営するネクストレベル(横浜市西区)が、女性を対象とした「失恋から立ち直るための方法」に関する調査を実施。その結果を発表しました。

4人に3人が「1年以内には立ち直れた」

調査は2024年5月22日から同月31日、18〜39歳の失恋経験がある未婚女性を対象に、インターネットリサーチで実施。300人から有効回答を得ています。

まず、全回答者に「失恋から立ち直るまでにかかった時間」について聞いたところ、最も多かったのは「1カ月以上~3カ月未満」(24.7%)でした。「1カ月未満」「3カ月以上~6カ月未満」「6カ月以上~1年未満」を含めると、全体の約4人に3人にあたる76.1%の人が、1年以内には立ち直ることができたことが明らかに。一方で、「1年以上」の年数を回答した人の合計は22.9%に上り、失恋の痛手が長引くケースも少なくないことがうかがえます。

では、失恋経験のある女性は、立ち直るためにどのような行動を取ったのでしょうか。

全回答者に「失恋から立ち直るために取った行動」について聞くと、1位となったのは「ひたすら泣く」(56.7%)でした。コメントでは、「涙が出るだけひたすら泣いた(29歳)」「毎日泣きっぱなしで、失恋ソングなどを聞きながら泣きたいだけ泣き続けた(34歳)」「泣ける映画を見て気が済むまで泣いた(24歳)」「毎日失恋ソングなどを聞きながら泣き、いろいろ考えてお酒を飲んで泣き続けました(34歳)」といった、切なさが伝わるコメントが寄せられました。

次いで、2位「友達に話を聞いてもらう」(55.0%)、3位「趣味や仕事に没頭する」(50.0%)と続く結果に。「友達の家に泊めてもらい、一晩中、愚痴や後悔、彼氏の悪口を聞いてもらった(31歳)」「友達に毎日毎日ずっと同じ後悔や愚痴を聞いてもらい続けた。よくあれで無視されなかったというぐらいずっと聞いてくれた(30歳)」「一人の時間をなくそうと、片っ端から友達に連絡をし、彼氏のことを考える暇もないくらい予定を入れた(29歳)」「仕事も残業も喜んでやり、休みの日は無理にでも何か予定を組んだ(38歳)」など、リアルな体験談が多数集まる結果となりました。

なお、「立ち直るのに効果があった行動」のトップとなったのは「友達に話を聞いてもらう」(15.8%)。「友達に話すことで自分の思いも整理できる(29歳)」「引きこもりみたいになっていたのを友達が見かねて話を聞いてくれた。『何で私がこんなに悩まなきゃいけないんだろう』って吹っ切れました。友達に本当に感謝してます(22歳)」など、友達が“失恋した気持ちに寄り添ってくれる存在”であることをうかがわせるコメントが寄せられました。

調査結果を受けて、同社は「失恋はとにかくつらいものですが、その経験が次の恋愛につながったり、自分を成長させてくれることもあるようです。つらい経験を糧に、前向きに次の恋ができるといいですね」とコメントを寄せています。

オトナンサー編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる