1. トップ
  2. 店員「ご注文の品です!」 客が吹き出した理由に「二度見した」「え、やばっ」

店員「ご注文の品です!」 客が吹き出した理由に「二度見した」「え、やばっ」

  • 2024.6.23
  • 148131 views

誰しも、「おいしい食べ物を、腹が膨れるまで食べたい!」という欲求がムクムクと湧いてくる時がありますよね。

一度に許容量を超えた食事をしてしまうと、カロリーの摂取量がとんでもないことになったり、食後に体調が崩れてしまったりする可能性も。

それでも、時には「食べたい」という強い想いは抑えられないものです。

飲食店で購入したクレープに「レベルが高すぎるだろ!」

香川県高松市で、ある飲食店に立ち寄った、まり(@MMarikka1975)さん。

甘いものを口にしたかったこともあり、同店の看板メニューともいえる、クレープを購入することにしました。

注文後、店員から手渡されたクレープを見て、まりさんは笑いを堪えることができなかったといいます。なぜならば、予想以上の一品が出てきたのですから…!

店員「お待たせしました、ご注文の品です!」

クリームがもはや雪山…!

クレープが持つ『かわいらしい』というイメージとはかけ離れた、凄まじい迫力の一品。まりさんが思わず吹き出してしまうのも、無理はないといえるでしょう…!

まりさんが訪れたのは、同市にあるスイーツ店『KIWAJI さぬきマルシェ鶴市店』。

ここでは特定の日限定で、レギュラーサイズはおよそ2人前、メガサイズがおよそ4人前という規格外のクレープ『アメフッとジョン』を提供しているのです。

写真越しでも伝わってくる凄まじい迫力に、多くの人が衝撃を受けました!

・思わず二度見した。クレープ生地までたどり着けるのか…!?

・ソフトクリームの写真かと思ったら、クレープでビビったわ!

・え、やばっ!かなりの『プロ甘党』じゃないと難易度が高いな…。

なお、まりさんは同行者と力を合わせ、2人がかりでなんとか食べきったとのこと。

「甘いものをたらふく食べたい」という欲求を抑えられなくなった人は、販売日程を確認した上で足を運んでみてはいかがでしょうか。身も心も満たされること間違いなしです!

[文・構成/grape編集部]

元記事で読む
の記事をもっとみる