1. トップ
  2. 台湾発・注目の女性監督が自身の母をモデルに作り上げた心温まる理髪店の物語 『本日公休』ポスター&予告解禁

台湾発・注目の女性監督が自身の母をモデルに作り上げた心温まる理髪店の物語 『本日公休』ポスター&予告解禁

  • 2024.6.21
  • 120 views
映画『本日公休』場面写真 (C)2023 Bole Film Co., Ltd. ASOBI Production Co., Ltd. All Rights Reserved width=
映画『本日公休』場面写真 (C)2023 Bole Film Co., Ltd. ASOBI Production Co., Ltd. All Rights Reserved

フー・ティエンユー監督の台湾映画『本日公休』が、9月20日より全国順次公開されることが決定。本ビジュアルと予告編が解禁された。

【動画】ホン・ペイユーによる映画オリジナル主題歌「同款」が温かい 『本日公休』予告編

本作は、作家、MV監督としても活躍する台湾の俊英フー・ティエンユー監督の劇場長編3作目。監督自身の母親をモデルに書き上げたシナリオをもとに、台中の実家で実際に営んでいる理髪店で撮影を敢行し、3年の月日をかけて完成させた。全編を通じて柔らかなノスタルジーを感じさせながらも、家族間に波立つ感情や、“老い”を受け入ていく心情、新たな希望を見出す道程を、リアルで現代的な視点を交えながら繊細に描き出し、本国台湾では国内新作映画初登場1位のヒットスタートを切った。

台中にある昔ながらの理髪店。40年にわたり、店主のアールイ(ルー・シャオフェン)は店に立ち、常連客を相手にハサミの音を響かせている。女手ひとつで育て上げた3人の子どもたちは、すでにそれぞれの道を歩んでいて実家の店にはなかなか顔を見せない。頼りになるのは、近くで自動車修理店を営む、次女の別れた夫チュアン(フー・モンボー)だけ。そんなある日、離れた町から通ってくれていた常連客の“先生”が病の床に伏したことを知ったアールイは、店に「本日公休」の札を掲げ、古びた愛車でその町に向かうが…。

主人公のアールイ役には、1999年以来、映画の出演から遠ざかっていた『客途秋恨』(1990)の名優ルー・シャオフェンが、24年ぶりに銀幕に主演復帰。「こんな脚本をずっと待っていた」と出演を即決したシャオフェンは、約4ヵ月間ヘアカットの猛特訓を積み撮影に臨んだ。本物の理髪師さながらのハサミ捌きと、ブランクを感じさせない演技で、台北電影奨主演女優賞、大阪アジアン映画祭薬師真珠賞(俳優賞)を受賞している。

また、アールイに反発的な次女リンを演じたファン・ジーヨウが台湾金馬奨助演女優賞を、次女の元夫で心優しいチュアンを演じたフー・モンボーが台北電影奨助演男優賞を受賞。『藍色夏恋』のチェン・ボーリン、『僕と幽霊が家族になった件』のリン・ボーホンが、特別出演しているのも見逃せない。

プロデュースは、エドワード・ヤン監督『ヤンヤン 夏の想い出』への主演や、ホウ・シャオシェン監督『悲情城市』『恋恋風塵』の共同脚本で知られる台湾ニューシネマの重鎮ウー・ニェンチェンが務めている。

あわせて、本ビジュアルと本予告が解禁された。予告編では、台湾最大の音楽賞「金曲獎」で2023年に最優秀新人賞を受賞した注目の女性シンガー、ホン・ペイユーによる映画オリジナル主題歌「同款」が、温かい余韻をもたらしている。

映画『本日公休』は、9月20日より全国順次公開。

映画『本日公休』予告編

元記事で読む
の記事をもっとみる