1. トップ
  2. 恋愛
  3. 20年連れ添った夫の浮気「もう好きにしていいぞ」→「わかった!」夫の言葉通り好き勝手した結果…

20年連れ添った夫の浮気「もう好きにしていいぞ」→「わかった!」夫の言葉通り好き勝手した結果…

  • 2024.6.21
  • 38615 views

家庭を顧みない夫に、我慢しながら尽くしてきた20年。夫は長く連れ添ってきた私だけでなく、娘のことにも無関心でした。

夫が家庭生活に重きを置いてこなかったため、コミュニケーション不足となった父娘。娘は父親に対してそっけない態度をするようになり、夫は娘のことがちっともかわいく思えない様子でした。

クズな浮気夫にあっさり捨てられて…

そんなある日、私たち母娘は夫の浮気現場を目撃。私もショックでしたが、娘はさらにショックを受けたことでしょう。そのことを夫に告げると開き直り、「娘もそろそろ、男女のことについて学ぶ時期かもしれない」などと言う始末でした。

さらに夫は自分を非難する私たちを悪者扱いし、「養ってやっているのに盾つくな」と逆に威張り散らすのです。挙げ句、気に食わないのであれば家を出ていけと迫ってきました。

そして不倫が発覚したその日から家に帰らなくなった夫。不倫については反省も後悔もしていないようで、私と別れて不倫相手と再婚すると堂々宣言されました。

私は夫がどういう人間なのか、20年たって初めて思い知った気がしました。

好きにしていい…?

「20年連れ添った夫に浮気されるとはね」
今まで私が夫に尽くしてきた時間とは、一体何だったのでしょう。まったく家庭を顧みない夫に文句1つ言わず、家事も子育てもずっとひとりで頑張ってきたのに……。
こんなことになるなら、我慢しないで文句の1つくらい言っておくんだったと、後悔していました。

そして次の言葉で、私は開放されたのです。

「家事と子育てご苦労さん! もう好きにしていいぞ」
「わかった、好きにするわね」

この数日後、私は夫の職場に乗り込みました。夫はブライダル関係の仕事に就いており、不倫相手はその職場の同僚でした。「非常識だ、頭がおかしくなったのか」と激怒する夫でしたが、私は特別なことなどしていません。妻の座を明け渡すので、1度きちんと不倫相手にあいさつしておこうと思っただけなのです。土下座して、震えながら泣き謝る浮気相手。おとなしそうなタイプでしたから、そういうところを夫に好まれ、狙われたのでしょう。すこし気の毒に思えました。

このときの夫といえば、しどろもどろで声が裏返っていて、周りの社員の目ばかり気にして……。おまけに、土下座する浮気相手のことを助けてもやらないのです。驚くほど情けない夫の姿を見て、こんなバカな男に尽くしてきたことを、わがことながら不思議に思いました。

自分の心に従うこと

私は、義両親にも夫の浮気を包み隠さず報告。 私は家庭を一切顧みない夫に代わって、今までずっと義両親の面倒を見てきました。そのため、私は義両親たちに気に入られており、今では実の子である夫よりも信頼されるようになりました。どれだけひどい仕打ちをされたか、娘とともに涙ながらに語ると、義両親は夫に罰を与えると言ってくれました。そして呼び出した夫に、不倫相手と別れなければ絶縁し、遺産も渡さないと言い渡したそうです。

その結果、夫は急に離婚は取りやめると言い出しました。そして夫は「自分がいなかったらやっていけないだろう」と自分の必要性を強調。しかし私たちには、夫がそばにいるメリットとデメリット、そのどっちが大きいのかがはっきりわかっていました。私は離婚届を夫の元をへ送り、夫からの連絡は無視していました。

その後聞いた話では、不倫相手は会社に居づらくなり、田舎に帰ったそう。

夫は慰謝料と養育費の支払いがあり、仕事が辞められなかったようで、今でもあの職場で、針のむしろに座る思いをしながら働いているようです。彼の思い描いていた不倫相手との幸せな再婚は、あっけなく立ち消えたのでした。

離婚後、私と娘は2人で新しい生活を始めました。義両親のおかげもあり、今は幸せに暮らしています。私は20年間ずっと、自分の心にふたをして生きてきました。でもこれからは、自分の心に従って、好きに生きていくつもりです。そして娘にも、これからの私のように自由に生きていってほしいなと思っています。

家族を顧みず、不倫に走った夫。娘のこともかわいく思えないと感じていたようですが、何もしなくても自分のいいように事がうまくいくことはありません。先に自分が愛情を与えて初めて相手も返してくれるようになるのではないでしょうか。今回のことを機に、夫には自分の身勝手さに気がついてもらえたらいいですよね。


著者:ライター ベビーカレンダー編集部/ママトピ取材班

ベビーカレンダー編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる