1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「ババアと結婚は無理」10年付き合った彼と破局⇒数年後、いきなり現れた元カレの姿は…!?

「ババアと結婚は無理」10年付き合った彼と破局⇒数年後、いきなり現れた元カレの姿は…!?

  • 2024.6.21
  • 46218 views

私は会社員。おもちゃメーカの企画部で商品の開発を担当しています。プライベートでは、付き合って10年になる彼氏持ち。そろそろ結婚の話も出てきていいはずですが、彼からは結婚のけの字もありません。将来のことをはっきりさせたい私が真剣に話を切り出すと……!?

彼の暴言にドン引き

「ねぇ、私たちもう30歳だし、そろそろ結婚に向けて話し合ってもいいと思うんだ……」

私がそう切り出すと、なんと彼はせせら笑い。「俺がお前と結婚? 冗談じゃない。そんなことは考えたこともない」と言うのです。10年も付き合っておいて、どういうつもりなのでしょうか。

おまけに、信じられない暴言を吐きました。

「勘違いするなよ。俺に結婚願望がないんじゃない。するなら20代前半の若い女の子だってこと。30過ぎたババアと結婚は無理。そういうわけで、そろそろ本腰入れて婚活するから、別れよう」

「は……!?」

私は彼の身勝手さに、あきれ果ててしまいました。

「わかった、別れてやる! アンタみたいな人でなし、こっちこそ願い下げだわ!」

仕事にまい進した私

20代の貴重な10年を丸々ムダにしてしまった……。しかし、本性に気づかずにあんな男と結婚しなくてよかったとも言えます。さっさと忘れて、ここからはまた自分らしく生きよう! 私はそう決意しました。

それからは、目の色を変えて仕事にまい進。会社では積極的に新商品を提案し、プレゼンを成功させて次々に商品化しました。そして、私が携わったおもちゃは次から次へとヒットを飛ばすようになったのです。お陰で1年後には課長に、さらに3年後には部長にまで昇進することができました。

こうして、あっという間に過ぎた3年間。今日は待ちに待ったとても大事な行事がある日です。

わが家のインターホンが鳴り、私は笑顔で玄関に走りました。扉を開けると、玄関先に立っていたのは……。

3年後、思わぬ来客が!

「な、何でアンタが?」

なんと、あの元カレ! やつれた様子で、服はボロボロ・髪はボサボサ……。長いこと連絡はとっておらず、婚活で出会った若い子に相当入れ込んでいたことを、数年前に共通の知人から聞いたくらいでした。

「助けてくれ! 俺、だまされたんだ……。婚約者にさんざん貢がされて、すっからかんになったら捨てられた……。結婚詐欺にあったも同然だ」

さらに彼は続けます。

「頼むからさあ、俺とよりを戻してくれよ。10年も付き合った仲じゃないか〜。俺と結婚したかったんだろ? お望み通りしてやるから」。

真の待ち人登場!

ちょうどそのとき、彼の後ろからスーツ姿の背の高い男性が登場。玄関前には高級車がとまっています。

「誰だ、あんたは?」

慌てる元カレを一瞥し、私はその男性を玄関に迎え入れました。

「こちらは私の婚約者よ。今日は両親との初顔合わせなの」

「初めまして。いつも彼女がお世話になっております」

このスマートでハンサム、礼儀正しく仕事もできる男性と私は、仕事関係で出会ってお付き合いを始め、つい先日婚約したのです。

「は、はあ? 婚約者? こ、こんな、いかにもハイスペックそうな男がお前のことなんて相手にするわけないだろ!」

「恐れ入りますが、あなたは昔、彼女にずいぶんひどいことを言ったそうですね。今さら復縁だなんて、失礼にも程がある。これ以上私たちに近づくなら、しかるべき対応をさせていただきます」

そう言って彼はスッと名刺を渡しました。そこには「弁護士」の文字。元カレはたちまち固まってしまいました。

「私は、あなたと別れて運命の人とめぐり会えたの。それだけは感謝してる。あとはせいぜいひとりで頑張って」

その後、私はめでたく結婚。幸せな毎日をおう歌しています。一方、あの元カレは借金返済に追われる大変な日々を過ごしているそうですが、身から出た錆ですよね。


ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!


著者:ライター ベビーカレンダー編集部/ママトピ取材班

ベビーカレンダー編集部/ムーンカレンダー編集室

元記事で読む
の記事をもっとみる