1. トップ
  2. どうぶつ
  3. 「胸が張り裂けそう」 車の下で見つかった犬に悲しみの声(アメリカ)

「胸が張り裂けそう」 車の下で見つかった犬に悲しみの声(アメリカ)

  • 2024.6.20
  • 71521 views

アメリカのカリフォルニア州に住むヒラリー・クラインさんが、自宅の近くで停車しているトレーラーの下に『毛の塊のようなもの』があるのを見つけました。

気になった彼女が近くに寄ってみると、その毛の塊が動いたのだとか。

その正体は…毛が伸びすぎた犬。長い間世話をされていないと思われる犬が、力なく横たわっていたのです。

ヒラリーさんはすぐに動物保護活動をしているスゼット・ホールさんに連絡をして、助けを求めました。

スゼットさんの仲間であるメアリーさんが先に現場に到着し、茂みの中に隠れている犬を発見。

犬がいた場所の近くにワナを設置して、犬が入るのを待つことにします。

なかなか捕まえられない!

スゼットさんたちが見守っていると、犬がもう少しでワナに入りそうになりました。

その時、どこからともなく現れた女性が犬を捕まえようとしたせいで、犬が逃げてしまったのです。

スゼットさんたちが追いかけると、犬は高さ約2.5mもある壁を乗り越えて、工事現場に入って行きました。

そのまま、彼女たちは犬を見失い、夜になっても犬は元いた茂みには戻ってこなかったのです。

彼女たちはひと晩中、犬が戻ることを祈っていたのだとか。すると翌朝、その祈りが届いて、犬が茂みに戻ってきました。

そしてついに、犬がワナの中に入ったのです。それは犬にとって、過酷な野良犬生活が終わった瞬間でした。

※画像と動画はFacebook上で閲覧できます。

車の中から捨てられた犬

スゼットさんは犬をジャージーくんと名付けました。

投稿によると、ジャージーくんは数週間前に、青い車から放り出されたことが分かったといいます。

それ以降、この場所で生き延びていたようです。

そんな怖い思いをしたせいで、人に対して怯えていたのでしょう。

幸い、ジャージーくんの健康状態はよく、里親の募集がスタート。

そして保護されてから約10日後、ジャージーくんに家族ができたことが報告されました。

里親になった女性はプロサッカー選手のヒラリー・ビオールさんだそうです!

ジャージーくんについての一連の投稿には、さまざまな声が上がりました。

・胸が張り裂けそう。なぜ無力な犬を捨てる人がいるのだろう。

・かわいそうな犬。でもこの子は幸運だ。これから素晴らしい新生活が待っているはず。

・こんなにかわいい犬だったのか!幸せになるんだよ。

ジャージーくんはアーチーくんという新しい名前をもらい、たっぷりと甘やかされているそうです。

突然、車から放り出されたアーチーくんはきっと混乱し、心が傷付いたはずです。

これからはヒラリーさんからたくさんの愛情を受け、幸せな日々を送れることを願います。

[文・構成/grape編集部]

元記事で読む
の記事をもっとみる