1. トップ
  2. 恋愛
  3. 夫が制止してもやめない妻…初対面の相手に「流産しちゃって」

夫が制止してもやめない妻…初対面の相手に「流産しちゃって」

  • 2024.6.18
  • 7514 views

この物語は、海原こうめさんの読者さんの体験談を元にした漫画です。夫の地元に家を建て、慣れない土地で不妊治療を受けていた主人公・あみさん。夫婦ぐるみで仲のいい友人・りなさんとは、互いに妊活中でした。妊娠をよろこびあった2人でしたが、りなさんが流産してしまいます。あみさんはりなさんを気遣いますが、りなさんから避けられるように…。よかれと思った対応でしたが、りなさんにとっては違う思いがあったようで…。『りなちゃんとわたしーママ友になれると思ったのに-』第16話をごらんください。

妊婦の自分が会いに行くと、余計に落ち込ませてしまうのではと思い干渉を控えていた、あみさん。しかし、りなさんは流産してから、急にあみさんが冷たくなったと感じていました。さらに「流産した人の側にいると、自分まで同じことが起こってしまう」と、あみさんが思っているのではないかと考えていたようです。

初対面でコメントしづらい話をされ、相手の夫婦も少しびっくりした様子。りなさんの精神状態も心配です。

当事者にしか解らない気持ちがある

このお話は、引っ越してきた土地で出会った友人との、妊活にまつわるトラブルを漫画にしたものです。1年半、不妊治療を続けていたあみさん。そんなあみさんを励ましてくれていたのが、家族ぐるみで仲良くなった、りなさんでした。そんな時にりなさんの妊娠が発覚。複雑な気持ちを抱きながらも、あみさんは祝福するのでした。

よかれと思ってしたことが、相手にとっては無神経、あるいは薄情に感じられたりすることもあります。特に妊活・不妊治療はデリケートな問題。当事者にしかわからない気持ちがあり、一方的に決めつけることは、誤解を招き関係を悪化させることになりかねません。

お互いに本音で話し合える関係が理想ではありますが、価値観や状況も違う中で理解し合えるかどうかはまた別問題です。もし、大きく価値観が違ったり、一緒にいて苦しくなったりする関係であれば、距離を置くことも自分の心を守るひとつの方法ではないでしょうか。

著者:ママリ編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる