1. トップ
  2. おでかけ
  3. 京都市内を一望できる高台に佇む。ホテル「バンヤンツリー・東山 京都」が開業

京都市内を一望できる高台に佇む。ホテル「バンヤンツリー・東山 京都」が開業

  • 2024.6.17
  • 187 views

7月26日(金)、バンヤン・グループが日本初進出となるリゾートホテル、「バンヤンツリー・東山 京都」をソフトオープン。立地に選んだのは、清水寺や高台寺まで徒歩10分圏内という東山の観光エリア。京都歌舞伎の南座や東映京都撮影所を利用する多くの俳優や著名人に愛されてきた「ホテルりょうぜん」の跡地となる。

60年以上前に誕生した「ホテルりょうぜん」は、京都市内を一望できる高台に佇む名宿であり、京都では珍しく温泉の源泉を有することでも知られていた。

ホテル全体のデザインコンセプトは「幽玄」。能舞台にちなみ能の伝書のひとつ「風姿花伝」のなかから「秘すれば花」という一節を客室のテーマに掲げている。日本の伝統素材や工芸品を活用。すべての客室に配置された大きなヒバの木のバスタブや畳の香り、自然の木の手触り、金箔の美しさで五感を満たし、ここでしか体験できない静寂と安らぎの空間を作り上げた。祇園・東山地区のインターナショナルブランドホテルとしては初めてとなる天然温泉を源泉とする大浴場も設けている。

客室は全52室。敷地内には隈研吾がデザインを手がけた、東山の自然に溶け込み幽玄を体現する能舞台を設けた。

なお、現在、オープニング・オファーの先行予約を受け付けている。

バンヤンツリー・東山 京都

開業日/7月26日(金)

住所/京都府京都市東山区清閑寺霊山町7

https://www.banyantree.com/ja/japan/kyoto

Text: Aya Hasegawa

元記事で読む
の記事をもっとみる