1. トップ
  2. グルメ
  3. アート鑑賞、カジノ、レストランetc.、韓国を遊び尽くす最新エンタメスポット【今、アジアを旅する理由 vol.1】

アート鑑賞、カジノ、レストランetc.、韓国を遊び尽くす最新エンタメスポット【今、アジアを旅する理由 vol.1】

  • 2024.6.17
  • 156 views

カジノやプール併設の巨大エンタメリゾート

韓国の仁川国際空港近くに新しく誕生したインスパイア・エンターテインメント・リゾート。46万平方メートルの面積を誇り、1275室のホテル客室、1万5000人を収容できるアリーナ、外国人専用カジノ、屋内プール、スパ施設などを兼ね備えている。約90店舗入っているショッピング・ダイニング施設の中には、韓国料理を楽しめる「HANWADAM」、雑貨やコスメも扱うセレクトショップ「SUN2MON」、明洞にも店舗を構える「supy」に加え、韓国旅行の定番であるドラッグストア「OLIVE YOUNG」やコンビニ「CU」などが揃い、施設から出ることなく韓国のトレンドファッションや美容、グルメを堪能できる。

館内にはデジタルアートが点在しており、中でも人気なのが天井高25m、全長150mの回廊を覆うLED上に映像が映し出されるデジタルエンターテインメントストリート「オーロラ」だ。30分ごとに上映される「アンダー・ザ・ブルー・ランド・ショー」では、まるで海や森の中にいるかのような臨場感たっぷりのショーを楽しむことができる。

外国人専用のカジノには、150台のゲームテーブル、約390台のスロットマシーン、160席の最新型ETG(電子テーブルゲーム)スタジアムを完備。朝から夜中まで眠ることのないインスパイアで韓国の今を堪能したい。

インスパイア コリア(INSPIRE KOREA)

127, Gonghangmunhwa-ro, Jung-gu, Incheon, Republic of Korea 22382

www.inspirekorea.com

人間と自然が調和する最先端アート空間

Photo_ Courtesy of HWADAMCHAE
Photo: Courtesy of HWADAMCHAE

2024年3月、京畿道広州市に位置する樹木園ファダムスプの入り口に新たな複合文化空間ファダムチェが開館した。“人間と自然の調和がとれた共存”を目指し、LG常緑財団によって運営されている樹木園の哲学と物語を新しい視線で表現した空間だ。森の濃密な物語を芸術家の視点で捉えた多様なアート作品が展示されている。

Photo_ Courtesy of HWADAMCHAE
Photo: Courtesy of HWADAMCHAE

韓屋の素材や建築技術を随所に応用した本棟と、別棟のメディアアート館を連結する屋上庭園には巨匠チェ・ビョンフンの「水の瞑想」を設置。LGの生成型AI・EXAONE Atelierによって四季の風景を映し出す没入感の高いメディアアートでは自然と人間、そして人工知能が芸術的に繋がる瞬間を鑑賞できる。

ファダムチェ(HWADAMCHAE)

278, Docheogwit-ro, Docheok-myeon, Gwangju-si, Gyeonggi-do

m.hwadamsup.com

時空を超えたエキゾチックなバー

済州島のsing sing EATと狎鴎亭のsixnightを成功させたクリエイティブチームNNCが手がける3店舗目のナイトスポットが2023年7月、カロスキルにオープンした。ワンルームマンション地下にあるボイラー室を改装した店内は、6つのテーブル席とバーカウンターが配置された秘密基地のような空間。

バンコクを中心に世界各国を旅しながら収集してきたヴィンテージオブジェと、オリエンタルウッディな香りで満たされた夢幻的な世界が広がる。ジントニックやオールドファッションドといった定番カクテルはもちろん、ピーチリキュール、アマレット、レモンジュースを使用したピーチヒップなどのオリジナルカクテルも豊富。

バードマン(birdman)

B1, 55-4, Garosu-gil, Gangnam-gu, Seoul, Republic of Korea

www.instagram.com/birdman.seoul

新羅の風流、曲水流觴で伝統酒に酔いしれる

新洞堂に残された韓屋がモダンに変身を遂げ、風情あふれるダイニングバーに。テーブル上に設置された水路からゆらゆらと流れてくる食前酒。かつて新羅の王が鮑形の石溝に水を流し、盃を浮かべて詩を詠む宴を開いたとされる鮑石亭がそのモチーフだ。

オリジナルのマッコリ、蒸留酒や薬酒といったプレミアムな韓国伝統酒を豊富にラインナップ。明太おにぎりを添えた韓牛ユッケ、エゴマの葉に包むサムギョプサルの生姜焼きなどの韓食がローカル酒の魅力を引き出す。

プンニュー(Pung-new)

10-3, Toegye-ro 70-gil, Jung-gu, Seoul, Republic of Korea

www.instagram.com/pung_new

クリエイティブな発想で韓国伝統茶に新風を

Photo_ Courtesy of OMOT
Photo: Courtesy of OMOT

流行の最先端を行く聖水洞の片隅に、韓国の伝統茶をエンターテインメントに昇華したスポットがある。バーのように薄暗く、洗練された雰囲気の店内で提供されるのは、茶道をモダンに再解釈したという完全予約制のティーセレモニー。

Photo_ Courtesy of OMOT
Photo: Courtesy of OMOT

季節によって替わる5種類のプレミアムティーと、目にも楽しいデザートのペアリングをコースで堪能できる。美しく丁寧な作法によって注がれるお茶と語られるストーリーに全神経を集中し、日常の喧騒から離れた穏やかな時間を過ごしたい。

オムオトゥ(OMOT)

B1,12, Seoulsup 2-gil, Seongdong-gu, Seoul, Republic of Korea

m.omot-omot.com

キムチとワインの新感覚マリアージュ

安国駅から北村韓屋村に向かう途中の路地に2022年9月のオープン以来、人気が途絶えない韓食ダイニングバーがある。韓国の食生活に欠かせないキムチの新たな魅力を引き出す創作キムチ料理と、ワインや韓国伝統酒とのマリアージュは韓国人にとっても新感覚のようだ。

韓国の芸能人も数多く訪れるこの店で頼むべきはキムチの天ぷら。エビ、ニンニク漬け、唐辛子漬けを白キムチと海苔で巻いて揚げた天ぷらに、たっぷりのサワークリームを目の前でトッピングしてくれる。

オン6.5(ON6.5)

28, Bukchon-ro 1-gil, Jongno-gu, Seoul,Republic of Korea

www.instagram.com/on6.5_seoul

Text: NACO Editor: Sakura Karugane

元記事で読む
の記事をもっとみる