1. トップ
  2. 今までとは違う竹内涼真“黒木”に「本当は優しくて熱い人」「推せる」の声…黒木が追う若い男性の考察も加熱<Believe>

今までとは違う竹内涼真“黒木”に「本当は優しくて熱い人」「推せる」の声…黒木が追う若い男性の考察も加熱<Believe>

  • 2024.6.17
  • 110 views
竹内涼真“黒木”、木村拓哉“狩山”の身に危険が迫っていると天海祐希“玲子”に告白 ドラマ「Believe-君にかける橋-」第8話より (C)テレビ朝日
竹内涼真“黒木”、木村拓哉“狩山”の身に危険が迫っていると天海祐希“玲子”に告白 ドラマ「Believe-君にかける橋-」第8話より (C)テレビ朝日

【動画】天海祐希“玲子”「本当に狩山の味方ですか」木村拓哉“狩山”の味方となるのは誰なのか

木村拓哉が主演を務めるドラマ「Believe-君にかける橋-」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第8話が6月13日に放送。竹内涼真演じる刑事・黒木が、今までの高圧的で強気な態度とは一変。狩山(木村)の身の危険を心配し見せる表情や態度が印象的だと話題に。さらに黒木が追う若い男性の考察が加熱し反響を呼んでいる。(以下、ネタバレを含みます)

希望と再生のヒューマンエンターテインメント「Believe-君にかける橋-」

本作は、脚本家の井上由美子や監督の常廣丈太ら、木村主演ドラマ「BG~身辺警護人~」(2018年、2020年)チームが再集結して制作するテレビ朝日開局65周年記念作品。橋づくりに情熱を燃やす設計者が、わけあって刑務所に収容されてしまい、希望と再生の道を模索していくサスペンスかつヒューマンエンターテインメント。

木村が主人公で大手ゼネコン「帝和建設」土木設計部部長の狩山陸を、竹内が警視庁刑事部捜査第一課の刑事・黒木正興を演じ、山本舞香、一ノ瀬颯、北大路欣也、上川隆也、斎藤工、小日向文世、天海祐希らが出演。MAN WITH A MISSIONの「I'll be there」が主題歌となっている。

竹内涼真“黒木”、天海祐希“玲子”との対面で今までとは違う一面を見せる

狩山と連絡がとれなくなってしまった刑事の黒木(竹内)は、狩山の妻・玲子(天海)を訪ねる。自分が狩山を逃したこと、さらに自分の推測が正しければ、狩山の身に危険が迫っていると続けた。玲子が狩山に電話すると、狩山は玲子にすぐに離婚届を出すようにいい、黒木に「もうすぐ辿り着く」と伝えるように話した。

玲子に狩山がどこに向かっているのか聞かれた黒木は、現段階では言えることはないと立ち去ろうとする。狩山が取り返しのつかないことをしているのではないかと想像する玲子に、黒木は「離婚届なんていうものは出さないほうがいい」と断言し、狩山を逃した責任を取ると精悍な面持ちを見せた。

黒木は狩山逮捕のチームから外された。所轄に戻った黒木は、上司に狩山が逃走した理由が明らかにならないといけない…と話す。兄を殺されて狩山を恨んでいたと思っていた上司が疑問を呈すと、「僕は兄貴を失った。でも狩山は仲間を失ったんです」と冷静に穏やかに話した。そして捜査一課の仕事はこれが最後になると、別の事件の捜査に向かう。狩山逮捕に向けてチームが動くなか、黒木は若い男性を追っていた。

竹内涼真“黒木”が追う若い男性の考察も加熱

今まで一貫して高圧的な態度を見せていた黒木とは全く違う姿に、「穏やかで悲しそうな黒木さまを見ていると、本当は優しくて熱い人なんじゃないかと思う」「狩山と深く関わる前なら、適当にはぐらかすセリフを言っただろうに、ちゃんと玲子に助言してる。黒木、推せる」「黒木刑事が僕は兄を失ったけど狩山は仲間を失ったと分かったって言う時のあの顔、もう1人の自分みたいなお兄さんの顔になってたよね」などの声があがる。

さらに黒木が追う若い男性について「黒木様は誰を追いかけてるの?女子大生の事件ともやっぱり繋がりがあるのか?」「黒木刑事が見張っていた若い男の人は半田さんの娘さんを殺した犯人で、もしかしたら都知事の息子だったとか!!」「鍵を握るのは黒木が尾行してた謎の男?若さんの会社の従業員とか不正の事実を知っている人かね」などと考察も加熱し反響を呼んでいる。

◆文=ザテレビジョンドラマ部

元記事で読む
の記事をもっとみる