1. トップ
  2. グルメ
  3. パリジェンヌのような部屋をつくるための、5つのポイント

パリジェンヌのような部屋をつくるための、5つのポイント

  • 2024.6.17
  • 209 views

部屋の広さに左右されない、スタイリッシュな空間づくりをエキスパートが解説。

gerenme

NYを拠点とするスタイルコンサルタントのアリソン・ガーシック・イーガン氏は、「パリ風のインテリアは落ち着きがあり、色あせることがありません。まるでパリジェンヌの部屋のように、エフォートレスでシックな空間にしてくれます」と語る。

いくつか重要なポイントさえ押さえることができれば、部屋の広さに左右されず、簡単に実現できるそう。「ニュートラルカラーを取り入れることから始めましょう。白やクリーム色、ブラウンやグレーなどのカラーを選べば、パリらしい落ち着いた雰囲気をつくり出せます」

Jerome Tisne

完璧な空間づくりのために、イーガン氏がおすすめするのは、ヴィンテージ風のアイテムとモダンな要素を組み合わせること。全体をミニマルにまとめながら、マキシマリズムのテイストを加えることを推奨している。

「質感が特徴的なラグや陶器、低めのソファや、彫刻のような装飾を組み合わせてみましょう」と、イーガン氏。アクセントにはゴールドが欠かせないそうで、「ゴールドに縁取られた壁かけミラーや、真鍮(ブラス)を用いたアイテムは必須です。ただ、気取らない雰囲気と落ち着きをキープするためにも、やりすぎは禁物です」とアドバイス。

パリジェンヌらしい部屋をつくるために、特におすすめしたい5つのキーワードを早速チェックしてみよう。

Jupiterimages

パリの蚤の市で手に入れたような、ヴィンテージ感のある小物や装飾は、何とも言えない魅力的な雰囲気を演出してくれる。小ぶりなオブジェや、ハンドペイントの花瓶など、ディテールが華やかなアイテムを飾ってみるのはいかが?

Victoriia Kovalchuk

印象に残るような部屋づくりに、必ずしも派手さや華美なアイテムが必要なわけではない。ニュートラルな質感やテイストを空間にちりばめることで、センスが良く、上品で落ち着いた雰囲気を保つことができる。

AnjelaGr

食事の時間を盛り上げるのに、大きな役割を果たすテーブルウェア。朝起きてコーヒーを飲むときも、気心の知れた友人たちとディナーをするときも、個性あふれる食器たちは不可欠な存在。おしゃれなデザインのものを、少しずつ集めてみよう。

元記事で読む
次の記事
の記事をもっとみる