1. トップ
  2. 『アンメット』第10話 “ミヤビ”杉咲花、葛藤を抱える“三瓶”若葉竜也にある決意を聞かせる

『アンメット』第10話 “ミヤビ”杉咲花、葛藤を抱える“三瓶”若葉竜也にある決意を聞かせる

  • 2024.6.17
  • 102 views
『アンメット ある脳外科医の日記』第10話より (C)カンテレ width=
『アンメット ある脳外科医の日記』第10話より (C)カンテレ

杉咲花が主演するドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜22時)の第10話が17日の今夜放送される。

【写真】葛藤しながらも手術の練習に没頭する三瓶(若葉竜也) 『アンメット ある脳外科医の日記』第10話場面カット

本作は漫画雑誌『モーニング』(講談社)で連載中の『アンメット-ある脳外科医の日記-』(原作:子鹿ゆずる/漫画:大槻閑人)を実写ドラマ化した医療ヒューマンドラマ。“記憶障害の脳外科医”という前代未聞の主人公が、目の前の患者を全力で救い、自分自身も再生していく姿を描き出す。

■第10話あらすじ

一過性健忘の症状が現れ、突如、三瓶(若葉竜也)が誰だか分からなくなってしまったミヤビ(杉咲)。今回は軽い発作で済んだが、大迫(井浦新)は三瓶にミヤビの病状を詳しく伝えた上で“手術するにはあまりにも危険だから絶対に手を出すなよ”と釘を刺す。

数日後、絵描きの柏木周作(加藤雅也)が公園でてんかん発作を起こし、丘陵セントラル病院に運ばれてくる。最悪性の脳腫瘍を患う周作は、できる治療は全て受けてきた上で、もはや手の施しようがない状態。やがて周作は、徐々にこれまでの記憶も失い始め、妻・芳美(赤間麻里子)のことすら分からなくなっていく。その姿に、ミヤビは自分もこの先、何もかも忘れてしまうのだろうかと不安に駆られる。

一方、三瓶は大迫の元で見た、より精細な脳のMRI画像を思い出していた。ミヤビの記憶障害の原因は、決して人がメスを入れてはいけない領域“ノーマンズランド”にあり、無理に手術をすれば命に関わる。しかしこのまま放っておいて再発すれば、同じ結果を招く。葛藤を抱えながらも手術の練習に没頭する三瓶に、ミヤビはある決意を口にする。

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』は、カンテレ・フジテレビ系にて毎週月曜22時放送。

元記事で読む
の記事をもっとみる