1. トップ
  2. お仕事
  3. 子の看病続きの中「退職して…」上司の提案に、言葉が出なかった|女女平等

子の看病続きの中「退職して…」上司の提案に、言葉が出なかった|女女平等

  • 2024.6.16
  • 12635 views

このお話は主人公・横島ゆりこが子持ちパートの松村さんとの出会いや、自身の妊娠・出産を通して、働く女性の生きづらさを実感しながら成長する過程を描いています。ゆりこは息子・優太のためにがむしゃらに働きました。しかし、息子はひんぱんに熱を出すので、その度に早退・欠勤を繰り返します。とうとう有給もなくなり、休めば欠勤扱いになってしまいます。以前より給与も減り、虚しさを感じていたとき、坂上課長からある提案をされます。神谷もち(@mochidosukoi)さんによる作品『女女平等』第47話をごらんください。

ゆりこは、坂上課長から「欠勤が続いているので一度退職してパートに変更してはどうか?」と提案されました。

息子や将来シングルマザーになった時のために、何があっても歯を食いしばって頑張ってきた彼女にとって、重い言葉だったのではないでしょうか。

働く女性の生きづらさを解消するには?

このお話は、女性管理職の横島ゆりこが妊娠・出産を経験して、女性の働き方やジェンダーに向き合う姿を描いています。独身時代のゆりこは、未婚・既婚に関わらず、平等に仕事の責任を分かち合うべきだと考えていました。そのため、時短勤務の子持ちパート・松村さんにも厳しく接していました。

その後しばらくすると、今後はゆりこが授かり婚をすることに。出産ギリギリまで働くつもりでいても、つわりで休職せざるを得ず、産後も保育園に入れないなど苦しい状況が続きます。職場復帰後も思うように働けない中、働き方を変えるように提案されるなど、キャリアは思い通りにならないことの連続に。

ゆりこは、働く母という立場になって初めて、育児しながら働くことの苦労を実感しました。そして、立場は違えど女同士、いろいろな状況の人の気持ちに寄り添える人になりたいと思えるようになったといいます。『女女平等』は、ゆりこの働き方や価値観の変化を通じて、育児と仕事の両立に悩む人に勇気を与えてくれる作品です。

著者:kotti_0901

元記事で読む
の記事をもっとみる