1. トップ
  2. 恋愛
  3. レスなのにどうやって?「俺は女の子ほしい」夫の無神経な発言に怒り爆発

レスなのにどうやって?「俺は女の子ほしい」夫の無神経な発言に怒り爆発

  • 2024.6.16
  • 13172 views

この物語は、海原こうめさんのブログ読者さんの妊活体験談を元にした漫画です。結婚当初からセックスレスだった夫婦。主人公は妊活の相談を切り出す度、「また今度」と逃げていた夫に悩んでいました。ある日、友達の話を聞き、「人工授精」を提案してきた夫。今までの態度を思い返すと、主人公は戸惑いが隠せません…。セックスレスについて向き合う夫婦を描いた、『レス夫婦の「今度」っていつですか?』第7話をごらんください。

主人公はこれまで何度も妊活の相談を試みてきました。夫の体調や気持ちに配慮しつつ、いつでも妊活できるよう自分の体を整えながら待ち続けました。それでも、「また今度」と話し合いを避け続けた夫…。

妻の言葉は耳に入らないのに、友達から聞いた話はやすやすと受け入れるなんて…。あまりにも妻の気持ちを無視した発言ですね。

のんきに「女の子がいいな」などとつぶやく夫の側で、妻の心は怒りと悲しみと悔しさでグルグルとかき乱されています。

お互いの気持ちに寄り添う夫婦関係を

このお話は、結婚5年目の夫婦がセックスレスや妊活について悩み、互いにすれ違っていく夫婦関係を漫画にしたものです。以前から「子どもがほしい」と言っていた夫ですが、夫婦生活がないまま時は流れていきます。

年齢的にも妊娠や出産にはタイムリミットがある、女性の体。男性にとっては自分の問題として差し迫って受け止めることはなかなか難しいのかもしれません。ですが、「また今度」と問題を先延ばしにすることは、女性にとってはつらいことでもあります。

主人公は妊活や不妊治療について「まだ答えが出せず、動けずにいる」と語っています。子どもの有無に関わらず、夫婦で真剣に向き合って出した答えであれば、納得のいくものになっていたのかもしれません。『レス夫婦の「今度」っていつですか?』は、お互いの気持ちに寄り添う夫婦関係を築くことの大切さに気づかせてくれるお話です。

著者:ママリ編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる