1. トップ
  2. 恋愛
  3. 100円玉を誤飲?息子の様子がおかしいと気づいた瞬間

100円玉を誤飲?息子の様子がおかしいと気づいた瞬間

  • 2024.6.15
  • 1000 views

この物語は、著者・みほははさんのフォロワーさんの体験談。ある日、2歳の息子が硬貨を誤飲してしまったのではと疑い、フォロワーさんが自身の勘を信じて病院へ行き、診断を受けるお話です。叔父さんが遊びに来て大喜びの子どもたちでしたが、息子の様子が突然おかしくなり...。『母の勘を信じて』第1話をごらんください。

久しぶりに会う叔父ちゃんに最初は緊張していた子どもたちですが、帰るころにはすっかり懐いて楽しく遊ぶことができました。外食に行く準備をしながら、ふと見てみると2歳のタイガくんが何度も口に手を運んでいます。さらに、お姉ちゃんから「叔父ちゃんに100円もらった」という話を聞き胸騒ぎがしたママ。

お金の価値が分からない赤ちゃんでも、なぜか硬貨って好きなんですよね。もしタイガくんが100円玉を見つけたら気になって口に入れてしまう可能性はあるように思えますね。

「普段と違う」を見逃さないで

このお話は、息子の異変に気付いたママが速やかに医療機関を受診し、医師に親として気づいた違和感を強く訴えたことにより誤飲が明らかになったケースを漫画にしたものです。ママは息子が硬貨を飲む瞬間を見たわけではありませんが、その後の様子から誤飲が疑われると判断し、すぐに受診しました。そして医師に「大したことはないと思う」と言われても、違和感を訴えることをやめませんでした。

子どもの誤飲は命に関わります。大前提として異物を飲み込ませないように見守ることが大切ですが、万が一飲み込んだかもしれないときは、迷わずに受診し、検査を依頼しましょう。

「大げさだと思われるかも」と不安になるかもしれませんが、何もなければそれが一番。あとで「検査しておけば」と思うよりはずっと良いはずです。子どもの命を最優先した行動を取ったこの漫画のケースを覚えておき、いざというときは迷わずに受診する判断をしましょう。

また、誤飲したものによっては直後に吐かせていいもの、いけないものがあり対処法が異なります。受診前の応急処置に迷うときは、子ども医療電話相談事業「#8000」などを利用するのもおすすめです。

そして、もっとも大切なことは誤飲を起こさない環境を作ることです。誤飲の恐れがあるうちは、硬貨、小さなおもちゃ、ボタン電池が入った電子機器などは子どもの手が届かないところへ。子どもの目線は床に近いので、目が届くところに誤飲の危険性があるものを置かないように気を付けましょう。

著者:ママリ編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる