1. トップ
  2. レシピ
  3. ドイツ、EURO2024開幕戦に5-1で快勝!惨敗のスコットランド主将は「自分たちに怒りと失望」

ドイツ、EURO2024開幕戦に5-1で快勝!惨敗のスコットランド主将は「自分たちに怒りと失望」

  • 2024.6.15
  • 67 views
ドイツ、EURO2024開幕戦に5-1で快勝!惨敗のスコットランド主将は「自分たちに怒りと失望」
ドイツ、EURO2024開幕戦に5-1で快勝!惨敗のスコットランド主将は「自分たちに怒りと失望」

Text by 井上大輔(編集部)

4年に一度の祭典であるEUROがドイツで開幕を迎えた。

開催国ドイツは14日の開幕戦でスコットランドと対戦し、5-1で勝利する白星発進となった。

21歳コンビのフロリアン・ヴィルツとジャマール・ムシアラの連続ゴールで前半19分までに2点を奪うと、前半終了間際には相手DFライアン・ポーテアスが一発退場でPK献上。これをカイ・ハヴァーツが決めて前半のうちに3点を奪うと、オウンゴールによる1失点だけで相手を圧倒した(スコットランドのシュート数はゼロ)。

スコットランド代表のキャプテンであるアンディ・ロバートソンは『ITV』でこう述べていた。

「初戦の相手は開催国だし、これ以上厳しいことはない。多くの悪いところがあったし、すぐに次の試合が始まるから、それを解決しなければならない。

前半は全てが間違っていた。いい選手にボールを渡してしまった。10人になった後半はみんなよく耐えたと思う。

今日はひどく失望した。この大会の厳しさを思い知らされた。ワールドクラスのチームと対戦するわけだからね。自分たちの最大限のプレーができなかった。

明日は自分たち自身への怒りと落胆を味わうことにして、その後はポジティブな気持ちでスイス戦に臨みたい」

また、試合を解説した元アイルランド代表ロイ・キーンは「後半のスコットランドはファイトとスピリットを少しは見せたが、実際には雲泥の差だった」と指摘していた。

ドイツは第2節でハンガリーと、スコットランドはスイスと対戦する。

元記事で読む
の記事をもっとみる