1. トップ
  2. おでかけ
  3. 【2023年下期】中華圏投資家が注目する街ランキング! 2位は「東京都新宿区」、では1位は?

【2023年下期】中華圏投資家が注目する街ランキング! 2位は「東京都新宿区」、では1位は?

  • 2024.6.15
  • 3736 views
中華圏最大級の日本不動産プラットフォーム「神居秒算」は、問い合わせ物件の集計をもとに「中華圏投資家が注目する街ランキング(全国版) 2024」を発表。今回は2023年下期のランキングを紹介します。
中華圏最大級の日本不動産プラットフォーム「神居秒算」は、問い合わせ物件の集計をもとに「中華圏投資家が注目する街ランキング(全国版) 2024」を発表。今回は2023年下期のランキングを紹介します。

GA technologiesのグループ会社であり、中華圏最大級の日本不動産プラットフォーム「神居秒算」は問い合わせ物件を都道府県・市区町村ごとに集計。今回はその中から、2023年下期の「中華圏投資家が注目する街ランキング(全国版)」の結果を紹介します。

2位:新宿区(東京都)

2位にランクインしたのは、新宿区(東京都)です。都内屈指の繁華街を抱え、日本有数のターミナル駅を有するなど東京を代表する都市として知られています。

大型百貨店やレジャー施設、飲食店など駅前には繁華街が多数点在。一方、閑静な住宅街が広がるエリアや緑豊かな公園がある地域もあるため、ベッドタウンとしても利用できます。

1位:豊島区(東京都)

1位にランクインしたのは、豊島区(東京都)です。日本有数の繁華街・池袋や高級住宅街として知られる目白、下町情緒のある巣鴨などエリアにより特徴が異なります。

また豊島区は在住している外国人のうち、約50%が中国国籍と中華圏の人が多く住むエリア。特に池袋北口周辺は続々中華料理店がオープンするなど、新・中華街が形成されており注目を集めています。

この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間120本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。

文:くま なかこ

元記事で読む
の記事をもっとみる