1. トップ
  2. ファッション
  3. 【大人女性のシャツコーデ4選】シンプルだけど品よく垢抜けて見えるのはなぜ⁉ 今っぽいシャツの着こなし方

【大人女性のシャツコーデ4選】シンプルだけど品よく垢抜けて見えるのはなぜ⁉ 今っぽいシャツの着こなし方

  • 2024.6.15
  • 3007 views

クラシックな佇まいに難しさを感じてしまうシャツ。でも実は、ちょっとしたテクニックでこなれた着こなしが実現します。今回は、リボンタイやショート丈、シャツの重ね着、デニムシャツが大人っぽく素敵に見えるスタイルを紹介!

STYLE01 ショート丈×ハイウエストパンツ

シャツ¥24,200/ニコラ ジェンソン(リノウン)、パンツ¥29,700、サッシュベルト¥6,600/ともにメヤメ(ソークロニクル)、中に着たタンクトップ¥11,000/チノ(モールド)、シューズ¥6,600/アルベローラ(ビショップ)

短めのシャツ丈感でウエスト印象をコントロール! スタイルアップを狙って

コンパクトなショート丈シャツは、ハイウエストのパンツと合わせて脚長効果を期待。春らしいクリーンな色合わせにサッシュベルトで遊びを加えつつ、高めのウエスト位置をしっかりアピール。低身長さんにもおすすめのスタイルです。

STYLE02 リボンタイ×オールインワン

シャツ¥14,960/ミディウミ(マザーズインダストリー)、オールインワン¥36,300/メヤメ(ソークロニクル)、スニーカー¥49,500/オートリー(ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店)

きちんとリボンタイシャツをリラックスオールインワンで。ナチュラルに着崩す

リボンタイやボウタイなど、クラシックムードが漂うシャツは、思いっきりカジュアルに仕上げることでワードローブの仲間入り。ノーアクセでリボンの華やかさを生かしつつ、かっこよさも意識。

STYLE03 シャツON シャツ

チュニックシャツ¥31,900/ティッカ(ティッカ)、中に着たシルクシャツ¥42,900/アンフィル(アンフィル)、シャツにつけたブローチ¥36,300/リューク(リューク)、スウェットパンツ¥20,900、ソックス¥3,080/ともにヤエカ(ヤエカ アパートメント ストア)、ハット¥22,000/キジマ タカユキ(ビショップ)、ローファー¥30,800/ヨシトデオランジェ(ニューロンドン)

シャツ同士のレイヤードは異素材で組み合わせて。スマート見せを心がけて

インしたシャツを袖や裾からのぞかせるのも成功のカギ。

STYLE04 デニムシャツ×デニム

シャツ¥16,280/ダントン(ダントントウキョウ)、中に着たノースリーブタンクトップ¥14,300/メヤメ(ソークロニクル)、ベルト¥27,500/ニアーニッポン(ニアー)、デニムパンツ¥15,400/リーバイス(ジャーナル スタンダード 自由が丘店)、クリアハートネックレス¥35,200/PALA(PALA)、パール×オニキスネックレス¥27,500/リューク(リューク)、ソックス¥3,080/ヤエカ(ヤエカ アパートメント ストア)、シューズ¥39,600/ワイエムウォルツ(マービン&ソンズ)

メンズのダンガリーシャツをベルトマークで引き締め! モダンなアメカジルックに

デニムの濃淡で着こなしに立体感を。

photograph:Keisuke Kitamura(model)、 Keisuke Nakamura(still) styling:Tomo Kushikawa hair & make-up:Aya Murakami model:Ran Taniguchi edit & text:Hiroko Ishiwata

リンネル2024年6月号より
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

元記事で読む
の記事をもっとみる