1. トップ
  2. 和歌山毒物カレー事件扱う問題作『マミー』、衝撃的な言葉が語られる特報予告編解禁

和歌山毒物カレー事件扱う問題作『マミー』、衝撃的な言葉が語られる特報予告編解禁

  • 2024.6.14
  • 87 views
映画『マミー』メインビジュアル (C)2024digTV width=
映画『マミー』メインビジュアル (C)2024digTV

和歌山毒物カレー事件を多角的に検証した映画『マミー』より、特報予告編と追加の場面写真が解禁された。

【動画】「母は、無実だと思う」映画『マミー』特報予告編

本作の中では、林眞須美死刑囚の夫・健治氏が自ら働いた保険金詐欺の実態を赤裸々に語り、確定死刑囚の息子として生きてきた長男の浩次さん(仮名)が、なぜ母の無実を信じるに至ったのかを打ち明ける。さらに映画は、真相に近づこうと焦る監督自身が事件に飲み込まれていく姿をも映し出す。

和歌山毒物カレー事件-。1998年7月、夏祭りで提供されたカレーに猛毒のヒ素が混入。67人がヒ素中毒を発症し、小学生を含む4人が死亡した。犯人と目されたのは近くに住む林眞須美。むごたらしい事件にメディアスクラムは過熱を極めた。自宅に押し寄せるマスコミに眞須美がホースで水をまく映像はあまりにも鮮烈だった。彼女は容疑を否認したが、2009年に最高裁で死刑が確定。今も獄中から無実を訴え続けている。

事件発生から四半世紀、本作は最高裁判決に異議を唱える。「目撃証言」「科学鑑定」の反証を試み、「保険金詐欺事件との関係」を読み解いていく。さらに眞須美の夫・林健治が自ら働いた保険金詐欺の実態をあけすけに語り、確定死刑囚の息子として生きてきた林浩次(仮名)が、なぜ母の無実を信じるようになったのか、その胸のうちを明かす。

林眞須美が犯人でないのなら、誰が彼女を殺すのか? 二村真弘監督は、捜査や裁判、報道に関わった者たちを訪ね歩き、なんとか突破口を探ろうとするのだが、焦りと慢心から取材中に一線を越え…。映画は、この社会のでたらめさを暴露しながら、合わせ鏡のようにして、私たち自身の業や欲望を映し出す。

二村監督は「私は何かとんでもない思い違いをしているのではないか。取材中、何度も自問した。林眞須美は手練れの詐欺師で、ふてぶてしい毒婦で、夫をも殺そうとした冷酷な人間であったはずなのに、取材によって得た事実はそれとは全く違う姿を映し出していた。これで死刑判決が下されたのか…。空恐ろしさを感じた」とメッセージを寄せている。

特報予告編では、その一言で心をつかまれる衝撃的な言葉が語られる。追加の場面写真では、林眞須美が家族に宛てた直筆の手紙や、眞須美が収容されている大阪拘置所へ向かう健治、浩次の姿など印象的な場面が切り取られている。

さらに一部劇場や配給会社東風のオンラインショップでは、事件の年表と最高裁判決文を掲載した「鑑賞ガイド」付き全国共通特別鑑賞券も販売開始となる。

映画『マミー』は、8月3日よりシアター・イメージフォーラム(東京)、第七藝術劇場(大阪)ほかにて公開。

映画『マミー』特報予告編

元記事で読む
の記事をもっとみる