1. トップ
  2. 眞栄田郷敦、半年以上の絵画猛練習! 『ブルーピリオド』メインキャストの真剣メイキング写真公開

眞栄田郷敦、半年以上の絵画猛練習! 『ブルーピリオド』メインキャストの真剣メイキング写真公開

  • 2024.6.14
  • 89 views
映画『ブルーピリオド』メイキングカット (C)山口つばさ/講談社 (C)2024映画「ブルーピリオド」製作委員会 width=
映画『ブルーピリオド』メイキングカット (C)山口つばさ/講談社 (C)2024映画「ブルーピリオド」製作委員会

眞栄田郷敦が主演する映画『ブルーピリオド』より、キャストたちが本気で挑んだ絵画練習風景のメイキング写真が解禁された。

【写真】高橋文哉・板垣李光人・桜田ひよりも超真剣! キャンバスに向かう姿

本作は、累計発行部数700万部超の山口つばさによる同名漫画を、主演に眞栄田を迎え、萩原健太郎監督で実写映画化。

ソツなく器用に生きてきた高校生・矢口八虎は、苦手な美術の授業の課題「私の好きな風景」に困っていた。悩んだ末、一番好きな「明け方の青い渋谷」を描いてみた。その時、絵を通じて初めて本当の自分をさらけ出せたような気がした八虎は、美術に興味を持ち始め、どんどんのめりこんでいく。そして、国内最難関の美術大学への受験を決意するのだが…。

解禁となったメイキング写真は、主人公・矢口八虎を務めた眞栄田郷敦、八虎の同級生・ユカちゃん(鮎川龍二)役の高橋文哉、八虎のライバル・高橋世田介役の板垣李光人、そして八虎の美術部の先輩・森まる役の桜田ひよりがキャンバスに熱い視線を向ける、絵画練習風景を捉えたもの。

美術の世界に夢中になっていく八虎を演じるにあたり、主演の眞栄田はクランクインの約半年前からロケ地の1つになった新宿美術学院で絵の練習をスタートさせ、高橋、板垣、桜田は約3ヵ月前から練習に励んだという。

今回、本物の熱気や迫力を込めるために絵を描く手元やシーンに吹き替えを一切使用しないことにこだわった。絵画練習開始日に実際に絵を描いてみることになった眞栄田は、6時間もの間一度も席を立たず、水も飲まず、驚くほどの集中力で絵に打ち込んだという。

眞栄田の指導を担った海老澤功・新宿美術学院講師も「この調子で頑張れば、本当に藝大に受かるんじゃないか」とたたえるほど、没頭していく様子はまさに八虎そのものだったという。

美術アドバイザーを務めた川田龍氏も、高橋、板垣、桜田が描いた絵画を見て、役者たちのセンスを絶賛。高橋が描いた水彩には「丁寧な観察でしっかり形が見える」とコメント。板垣の絵画には「世田介のような、真摯な観察眼を感じられる」と板垣が演じた“天才”世田介を引き合いに出し、ベタ褒め。桜田のことは「練習を重ねるうちに自分の中のリズム感をつかみ、それを形にしていくという絵心がある」と分析。「美大を目指す受験生と同じようにそれぞれ個性があって、すごく多彩だなと思いました」と語った。

本気で挑んだ練習を経て、役者たちの絵を描く姿勢、画材の扱い方、筆の持ち方、走らせ方など、絵描きが見てもしっくりくるものになるまで猛特訓し、講師陣が「違和感がない」と太鼓判を押すまでのレベルに到達。

また、クランクインの1週間前には、各自が役の装いで絵の合同練習をする機会が設けられ、眞栄田は高橋や板垣と絵の練習をした際の印象を明かした。「(板垣君は)本当に天才のような雰囲気があって、八虎はこういう気持ちなんだろうなと合同練習から凄く掴めたような気がします」と述べ、板垣の練習時のたたずまいが役作りに役立ったとしている。

高橋が演じるユカちゃんは八虎とは違い日本画を専攻しており、眞栄田は高橋について「物の捉え方が独特で面白いなと。やっぱり日本画という別の科だったので、そういうのも面白いなと思いました」と語った。

合同練習時に現場を訪れた原作者の山口も「八虎たちが目の前に現れて夢のよう」と感嘆。また、役者の表情と共に大きな見どころとなるのが、原作に登場する絵をベースにしたたくさんの絵画たち。今回映画化のために、基本的には原作に出てくる絵の作家と同じ方にお願いして描いてもらったというが、美術初心者の八虎が描く絵に関しては、段階を踏んで徐々に上達していく過程を垣間見ることができるような絵を数ブロックに分けて用意したという。そして、最終的にそろった絵は401枚。74人ものアーティストが協力して本作に欠かせない要素を構築した。

また、眞栄田自身が描いた大きく羽ばたく鳥の絵の写真も公開。〈勝利〉がテーマになっており、眞栄田は「勝利=自由」と考え、「とにかく自由に描いた」というこちらの絵は劇中で使用されている。

映画『ブルーピリオド』は、8月9日より全国公開。

元記事で読む
の記事をもっとみる