1. トップ
  2. 志田未来、同級生の山田涼介と『ビリオン×スクール』で約17年ぶりの共演! 坂口涼太郎、永野宗典、MEGUMIも教師役で登場

志田未来、同級生の山田涼介と『ビリオン×スクール』で約17年ぶりの共演! 坂口涼太郎、永野宗典、MEGUMIも教師役で登場

  • 2024.6.14
  • 96 views
ドラマ『ビリオン×スクール』(上段左から)志田未来、坂口涼太郎、(下段左から)永野宗典、MEGUMI (C)フジテレビ width=
ドラマ『ビリオン×スクール』(上段左から)志田未来、坂口涼太郎、(下段左から)永野宗典、MEGUMI (C)フジテレビ

Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務める7月5日スタートのドラマ『ビリオン×スクール』(フジテレビ系/毎週金曜21時)で、個性豊かな教師役を演じる追加キャストとして、志田未来、坂口涼太郎、永野宗典、MEGUMIの出演が発表された。

【写真】志田未来のインスタが大好評 31歳と思えないかわいいショットをイッキ見!

本作は、日本一の財閥系企業のトップであり“億万長者=ビリオネア”の主人公が、身分を隠して学校の教師となり、さまざまな問題に直面しながらも生徒とともに成長していく姿を描く学園コメディー。

私立絵都学園で「やる気ゼロ、才能ゼロ、将来性ゼロ」の生徒が集められた3年0組に新しい担任がやってくる。通称“ゼロ組”と呼ばれ、バカにされてきた底辺クラスに赴任してきたのは、容姿端麗だが、どこかクセのある教師・加賀美零(山田)。学校の常識が全く通用しない、資産も行動力も“ケタ外れ”なこの教師。その正体はなんと、日本を代表する財閥系グループを継いだCEOで、まさかの“億万長者=ビリオネア”だったのだ-。

志田が演じるのは、私立絵都学園で英語を担当する教師の光井ひかる。生徒に対して愛を持って接する真面目な教師で、生徒は皆対等という考えを持つ。

志田のフジテレビドラマへのレギュラー出演は『SUPER RICH』(2021年10月期)以来約2年9ヵ月ぶり。高校の同級生でもある主演の山田とは『探偵学園Q』(2006~07年/日本テレビ系)以来、約17年ぶりの共演となる。

坂口が演じるのは、私立絵都学園で国語を担当する教師の溝口信雄。光井とは反対に、ゼロ組のことを問題児ばかりを集めた底辺クラスだと考え、極力関わりたくないと思っている。

坂口は『テッパチ!』(2022年7月期)以来、約2年ぶりにフジテレビドラマへ出演する。

永野が演じるのは、私立絵都学園で教頭を務める土橋淳平。長期海外赴任中の校長・東堂真紀子(水野美紀)に代わり、学校の運営を任されているため、学校内で問題が起こるのを何としてでも避けたいと思っている。

永野は主演の山田とは『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』(2022年4月期/テレビ朝日系)以来、約2年ぶりの共演となる。

MEGUMIが演じるのは、私立絵都学園で養護教諭を務める堺宮子。生徒思いで熱い性格だが、時折口が悪くなることも。

出演にあたり志田は「学園ものですと生徒役の方で出演させていただくことが多かったので、今回の先生役はとても新鮮な気持ちです」、坂口も「そうかあ。先生かあ。ついに制服卒業かあ」とコメント。永野は「見た方全員が、幸せホルモンが溢(あふ)れ出すドラマになると思います」と話している。

ドラマ『ビリオン×スクール』は、フジテレビ系にて7月5日より毎週金曜21時放送(初回15分拡大)。

※キャストからのコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■志田未来

――本作への出演が決まったときの思いをお聞かせください。

「学園ものですと生徒役の方で出演させていただくことが多かったので、今回の先生役はとても新鮮な気持ちです。撮影に入るのが楽しみです」

――放送を楽しみにしている視聴者やファンの皆さんへメッセージをお願いします。

「夏を感じる熱い学園ドラマになると思います! 新しいニューヒーローの誕生を私自身とてもワクワクしながら楽しみにしています。皆様も、放送までぜひ楽しみにいてください」

■坂口涼太郎

――本作への出演が決まったときの思いをお聞かせください。

「そうかあ。先生かあ。ついに制服卒業かあ。スタッフ陣も俳優部もご一緒したい方ばかりで楽しみです」

――放送を楽しみにしている視聴者やファンの皆さんへメッセージをお願いします。

「学校が好きな方も嫌いな方も、ふっと笑っていただけたら、それ以上うれしいことはありません。毎週金曜日は無遅刻無欠席で『ビリオン×スクール』への登校をお待ちしております」

■永野宗典

――本作への出演が決まったときの思いをお聞かせください。

「脚本の時点でとても面白く、現場でお会いするのが楽しみなキャスト&スタッフの方たちばかりだったので、2024年の夏はこの作品に捧げたいと思いました」

――放送を楽しみにしている視聴者やファンの皆さんへメッセージをお願いします。

「見た方全員が、幸せホルモンが溢(あふ)れ出すドラマになると思います。こんな生きづらい世の中だから、ぜひ、見てください」

元記事で読む
の記事をもっとみる