1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 包丁を汚さずバターを切り分ける方法が目ウロコ!使うときもラク~♪【やってみた】

包丁を汚さずバターを切り分ける方法が目ウロコ!使うときもラク~♪【やってみた】

  • 2024.6.14

こんにちは!家事コツ研究員のOです。料理やお菓子作りなど、活用の幅がとっても広いバター。そんなバターですが1つ困ったことを挙げるとしたら、調理で使うときに包丁で切るとべったりと刃の部分にバターがついてしまうこと。

包丁を汚さずにバターを切ることってできないんでしょうか…?それが実はできるんです!今回はSNSで話題になったバターの小分け方法を試してみました。

①包丁を汚さずにバターを切る方法

まずは包丁を汚さずにバターを切る方法をご紹介します。

<準備するもの>

・バター…適量(かたまり)
・包丁
・キッチンペーパー…1枚

準備するものの中に「あれ?」というものがありますね。そう、“キッチンペーパー”がキーアイテムになります☆

<手順>

キッチンペーパーで包丁の刃部分を挟みます。

ここで早速キーアイテムの登場です。このようにキッチンペーパーで包丁の刃全体を包み込むようにすればOKです。

2 あとはキッチンペーパーで挟んだ包丁でバターを切るだけ!

結果はこちら

結果はご覧の通り。うまくバターが切れなかったり、キッチンペーパーにバターがべったりくっついてしまうのでは?と心配していたのですが、そんな心配は全く必要ありませんでした。

こちら、切ったあとの断面なんですがめちゃくちゃキレイにスパッと切れていますよね☆

そして包丁自体はというと、キッチンペーパーで包まれていたので、全く汚れていません!!これは嬉しい♪

②バターを小分けにする方法

①で切ったバターですが、このままだとちょっと使いにくいので、より使いやすい大きさに切って保存してみましょう。

<準備するもの>

・バター…適量(かたまり)
・包丁
・クッキングシート…1枚

またもや、バターを切るときにあまり使わないものが登場しています。”クッキングシート”はどう使うんでしょうか?

<手順>

1 クッキングシートを、バターに合わせて3cm×8cmくらいの大きさにカットし、これを10枚ほど準備します。大きいまま使うのではなく、小さめにカットしましょう。

2 1のカットしたクッキングシートで包丁の刃を挟みます。

切りたい幅のところに2の包丁を当て、そのままバターを切ります。

すると、こんな感じでクッキングシートがバターに挟まれました^^他の箇所も同様に切れば完成です!!

こんな感じになりました

クッキングシートで挟んだ包丁で切ったバターはこんな感じになりました!バターとバターの間にクッキングシートが挟まって、ちょっと不思議な光景ですね(笑)でもこうすることで、

切った包丁は汚れていない上、

クッキングシートを手前に引き寄せれば、

小分けにしたバター1つだけを取り出すことができました☆必要な量をすぐに取り出せるだけでなく、手も汚れないのでめちゃくちゃ便利です!!

残ったバターはこんな感じで保存容器にしまえば、使いたいときにいつでも使えますよ♪

今回の方法は、最初にクッキングシートをカットする手間はありますが、包丁を汚さずバターを切れ、さらに必要な分だけをさっと取り出せるので本当にノーストレス☆

こういったことって料理作りのモチベーションにもつながったりするので意外と大事ですよね^^ぜひ皆さんも試してみて、この喜びを味わってください!

写真・文/JUNKO ※暮らしニスタの過去の人気記事を再編集して配信しています。

元記事で読む
の記事をもっとみる