1. トップ
  2. グルメ
  3. 最高級ヴィーガンレストラン開店へ向けクラファン実施!1号店は大阪、全国展開目指す

最高級ヴィーガンレストラン開店へ向けクラファン実施!1号店は大阪、全国展開目指す

  • 2024.6.13
  • 145 views

ヴィーガンに関する情報発信やヴィーガン関連事業支援をしている「ビッグうさぎ」は、超一流のおもてなしを行うヴィーガンレストラン「リオ・ホワイト」をオープンするため、7月31日(水)までの期間、CAMPFIREにてクラウドファンディングを実施している。

ストーリー重視!テーマパークのような演出でもてなす

「リオ・ホワイト」では、ストーリーを重視し、優雅な演出で来店者を夢のような物語の世界に誘う。

ポータードアマンが来店者を迎えるところから物語が始まり、ディレクトール(支配人)が来店者を招き入れ、シェフドラン(ウエイターの格付けの一つの呼称)が片膝をついて接客サービスを行う。時に、シェフやスーシェフがテーブルを回っていく流れを大切にして、何度訪れても飽きることのない究極の感動を与える。

なかでも、シェフドランは、ただ歩いているだけで演出が楽しめるようにするそう。店内でのすべての一コマ一コマが作品といえる演出を用意しているという。

もちろん、料理の味・クオリティーにおいても最高と言われるものを用意する。

毎日2回の生演奏も見どころ

「リオ・ホワイト」では、毎日2回、生演奏のステージを開催。サックス演奏、ピアノ演奏、トランペット演奏、歌、ギター演奏などを楽しめる。

第1ステージは20時~20時30分、第2ステージは22時30分~23時。

1店舗目は大阪、直近10年で全国展開目指す

ビッグうさぎは、多様化する世界の食とライフスタイルを考えるとき、サステナブル、エシカル消費、プラントベースフード、ヴィーガン/ベジタリアンの食事が、食のバリアフリーを実現する要素を含むと考えている。

また、2025大阪・関西万博が開催されることで、多くのインバウンドが見込まれ、ヴィーガン食がさらに注目されるとも考えている。

今回のクラウドファンディングでは、大阪に1店舗目の「リオ・ホワイト」をオープンさせることを目指す。その後、直近10年で47都道府県すべてに店舗を構える方針だ。

世界中からヴィーガンの人が日本を訪れ、また日本のヴィーガン人口をさらに増加させ、日本のヴィーガンレストランすべてを盛り上げていくことを目指しているビッグうさぎ。その第一歩が、大阪万博になるのかもしれない。

クラウドファンディングのリターンには、支援金額に応じた会員カードを用意。カードの種類に応じて、飲食代の割引チケットを入手できる。

最高級ヴィーガンレストラン「リオ・ホワイト」が気になる人は、クラウドファンディングのプロジェクトページをチェックしてみて。

CAMPFIRE:https://camp-fire.jp プロジェクト名:最高級ヴィーガンレストランで、貴方に最高の夢の世界をお見せします。

(Higuchi)

元記事で読む
の記事をもっとみる