1. トップ
  2. ファッション
  3. クロップト丈トップスの日はデニムを封印!「シック」な装いが大人の肌見せの最適解です

クロップト丈トップスの日はデニムを封印!「シック」な装いが大人の肌見せの最適解です

  • 2024.6.13
  • 1357 views

ここ近年、春夏シーズンにおける肌見せトップス率は高まる一方ですが、歳を重ねれば重ねるほど、どう着こなすか悩ましくなるもの。そんな40代以上の悩める大人に、2024年の肌見せの最適解をお伝えします。それはズバリ「シックに装う」こと。新しいルールをさっそくチェック!

【NEW RULE】 LAYERED & TAILORED

クロップド丈はデニムを封印

クロップドトップス¥8,800(アレキサンダーワン.ティー)、レイヤードトラウザー¥135,300(アレキサンダーワン/共にアレキサンダーワン)、レースレギンス¥6,800(ガブリエル ペコ)、ベルトはスタイリスト私物

“デニムは親友”を謳っている我らですが、こと肌見せトップスの代表格、クロップド丈をシックに着るためにはデニムを封印。新たなベスティには端正なテーラードパンツを選んでモノトーンで仕上げてみて。それだけでも十分だけど、もう少しモード感が欲しい場合は、バレエコアなレースストッキングや見せパンなど、ウエストまわりにさり気なくトレンドをちりばめるのも◎。旬なレイヤードテクでItな感じが増すだけでなく、肌見せ面積が少なくなることにお気づきかしら?

photograph:IM DAEHYUN(model), MAYA KAJITA[e7](still) styling:MAKIKO ITO hair:DAI MICHISHITA[Sun and Soil] make-up:MIKAKO KIKUCHI[TRON] model:MIKIKO YANO
otona MUSE 2024年7月号より

元記事で読む
の記事をもっとみる