1. トップ
  2. 【拙い】はなんと読む?謙遜するときによく使う言葉!

【拙い】はなんと読む?謙遜するときによく使う言葉!

  • 2024.6.13
  • 1545 views
andGIRL

使われている漢字はよく知っているのに〝なんて読むんだろう?〟と一瞬悩んだり、ふと読み間違えてしまったりする漢字って案外たくさんありますよね。今回はそんな漢字の中から「拙いの読み方をご紹介します。読むのが難しい漢字もさらっと読める、スマートなアラサー女子を目指しましょ♡

Check!「拙い」はなんと読む?

この漢字、あなたは正しく読めますか?目上の人との会話など、謙遜する場面で使われることが多いですよ。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみて!

andGIRL
Check!正解は「つたない」でした!

「拙い」は、能力が劣る、上手でない、不運であるという意味を表します。一見ネガティブな単語ですが、謙遜するときに使われることが多い言葉です。音読みでは「セツ」と読み、「拙著(せっちょ)」などのように使われることもよくあります。

みなさんはわかりましたか?家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

文/andGIRLweb編集部 出典元/フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

元記事で読む
の記事をもっとみる