1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 捨てるの待った!不用のシーツをオーニングに。今年の夏は優しい風が吹くはず♡

捨てるの待った!不用のシーツをオーニングに。今年の夏は優しい風が吹くはず♡

  • 2024.6.13
  • 11616 views

不用のシーツが出てきました。
保湿クリームで変色したんだそうです。
パッと見た目は綺麗です。
捨てるのもったいないなぁ…ということで、活用します。

これからの季節に活躍しそうな、オーニング!

我が家は、家に囲まれた住宅地。
少し、人目を気にする生活。
目隠しにもなります。
さあ♡作るぞ!!

作り方は簡単。
袋状になっている三方を解くだけ。

横広に広げたい場合は、
ジッパーを外し、短いところ2カ所の糸を解く。
ジッパーの反対側の長い面は、そのまま。ほどきません。
広げると、大きく広い1枚になります。

縦長バージョンは、
ジッパーを外して、もう一つの長いところ、そして、短いところ1カ所、糸を解きます。
広げると、長細い1枚になります。

糸を解いたあと、そのままでも良いのですが、少し見栄え良く、使い勝手良くしましょう。
縫っていた端を三つ折りにしてミシンで端ミシンをかけます。
その時に、解いた時に出てきた暇をループ状にして一緒に縫います。
これで、引っかけやすくなり、見た目も良いですよ。

■ジッパーを外す


■一枚のシーツでこれだけ外れます

ジッパーを外すと、必然的に紐も外れます。
ジッパーは長くて何かに使えそう。
紐はあとで必要になりますから、捨てないでね。

■解いたらミシン掛け

端、中央に等間隔で紐をつけました。
広いバージョンは、5カ所につけました。

■紐は両サイドに

引っ掛ける紐は、両サイドにつけています。

目隠しで使うなら、カーテンのように垂らして使えば良いのですが、庭が隠れます。
フェンスに支柱を立てているので、そこに引っ掛けると、日よけオーニングになります。

布の長さと支柱までの長さが足りない場合は、他の紐(荷造り紐やロープなど)を使ってくくれば良いですよ。

■布を垂らしただけ


■布を広げると

空間も広がります

■縦長バージョン

縦長にすると、2回のベランダなどから吊るすことができます。
垂らしたままも良いですが、フェンスに取り付けても良いですよ。

■ コツ・ポイント

掛け布団用、敷布団用でサイズが違います。
紐が付いているものは掛け布団用です。

使いたい場所で縦長、横広にしてくださいね。

暮らしニスタ/*ココ*さん

元記事で読む
の記事をもっとみる