1. トップ
  2. おでかけ
  3. 『キングダム』×ONE OK ROCK、最強タッグが堂々の帰還! 主題歌「Delusion:All」が熱いドラマを彩る予告映像

『キングダム』×ONE OK ROCK、最強タッグが堂々の帰還! 主題歌「Delusion:All」が熱いドラマを彩る予告映像

  • 2024.6.13
  • 2483 views
『キングダム』×ONE OK ROCK、最強タッグが堂々の帰還! 主題歌「Delusion:All」が熱いドラマを彩る予告映像
(C)原泰久/集英社 (C)2024映画「キングダム」製作委員会

心震えるシーンと共に信の成長と仲間たちとの想い出を辿るエモーショナルな映像

ONE OK ROCKが、『キングダム』シリーズ最新作『キングダム 大将軍の帰還』の主題歌を担当することが決定。あわせて、書き下ろし主題歌「Delusion:All」を使用した心揺さぶる最新予告映像が解禁された。

時は紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信(山﨑賢人)と、中華統一を目指す若き王・嬴政(吉沢亮)を壮大なスケールで描く漫画「キングダム」。2006年1月より「週刊ヤングジャンプ」にて連載開始され、現在までに単行本の累計発行部数が集英社青年マンガ史上初となる1億部(2023年11月時点)を突破した。

その人気は映画化により勢いを増し、『キングダム』(19年)、『キングダム2 遥かなる大地へ』(22年)、『キングダム 運命の炎』(23年)と、1作目から3作連続で50億超えという偉業を達成。シリーズ累計動員数1000万人を超え、数々の映画賞にも輝くなど、名実を兼ね揃えた夏休み興行の主役となった。シリーズ第4弾となる今作では、前作から続く隣国・趙(ちょう)との国の存亡をかけた総力戦「馬陽の戦い」のクライマックスを描き出す。

前作に引き続き、天下の大将軍を目指す主人公・信(しん)役の山﨑賢人、中華統一に挑む若き秦国王・嬴政(えいせい)役の吉沢亮、軍師見習いとして励む河了貂(かりょうてん)役の橋本環奈、飛信隊の副長として信とともに戦う羌瘣(きょうかい)役の清野菜名、秦国・総大将として戦地に舞い戻った大将軍・王騎(おうき)役の大沢たかおら『キングダム』シリーズに欠かせない豪華キャスト陣が続投。佐藤信介が引き続き監督を務める。

そして今回、ONE OK ROCKが、シリーズ集大成を飾る主題歌アーティストに決定した。ONE OK ROCK×『キングダム』最強タッグが、5年の時を経て堂々の帰還を果たすことになった。

世界各国で圧倒的な人気を誇るONE OK ROCK。2007年のデビュー以来、大規模な全国ドームツアーなどを成功させ、現在では日本のみならず海外レーベルとも契約。世界中で熱狂的な人気を誇り、アメリカ、ヨーロッパ、アジアでのワールドツアーも大成功を遂げ、名実ともに世界的ロックバンドの代表へとなった。

2019年にシリーズ1作目『キングダム』の主題歌「Wasted Nights」がリリースされると、壮大な楽曲とメロディが作品の世界観と共鳴。まさに『キングダム』の代表曲としてシリーズを重ねた今でも愛され続けている。

シリーズ最終章となる今作では、ONE OK ROCK×『キングダム』の復活を望む声が多く挙がっていたが、ついに待望の最強タッグが復活。主題歌となる新曲「Delusion:All」を引っさげたONE OK ROCKが、1作目・5年ぶりに『キングダム』に舞い戻る。

この楽曲に込めた想いをTakaは、「シリーズ1作目用に書き下ろした『Wasted Nights』から時間は経っていますが、今回このような形でカムバックさせていただき、僕らとしても非常に光栄に思っております。 『世の中の色々な争いや今の時代背景』をしっかり僕らとしても汲み取りながら、キングダムにふさわしい楽曲を作ったつもりです」と、ファンには堪らない熱いコメントを寄せた。

シリーズ1作目から作品を背負ってきた信役の山﨑は、「今回『キングダム』の集大成となるこの4作目でもONE OK ROCKさんがまた主題歌を担当していただいたことは嬉しかったです。今回の『Delusion:All』もキングダムらしさ満載な主題歌だと思います」と再タッグに喜びのコメント。

同じくシリーズ1作目から牽引してきた大沢も、「本作品の持つ強さと優しさ、そして夢を追い続けることの美しさを見事に表現しています。改めて彼らの才能と情熱に深く敬意を表します。この楽曲とともに本作『キングダム 大将軍の帰還』を劇場にて楽しんでいただくことを心待ちにしております。では劇場で会いましょう」と熱い想いを述べた。

また、主題歌をオファーするにあたり松橋プロデューサーは、「もともと『大将軍の帰還』は1作目から4作目までの全ての物語のクライマックスが怒涛のように押し寄せる全編クライマックス映画なのですが、その最高潮、最も胸が熱くなった直後、この主題歌が流れます。この熱い感動をぜひ劇場の大スクリーンと大音響で味わってほしいです。お楽しみに!!」と、今作へ懸ける気持ちが伝わる熱いメッセージを語った。

あわせて、シリーズ最終章を飾るにふさわしい、圧倒的スケールの予告映像が到着した。亡き親友・漂と交わした「天下の大将軍になる」との約束を守るべく、がむしゃらに戦ってきた信と、彼を信じ共に闘い続ける仲間たち、そして儚くも去っていったかつての仲間たち。天下の大将軍・王騎が怒りに震え矛を振り回す最強の武神・龐煖との一騎打ちや、信を取り巻くそれぞれのキャラクターの想いが交錯する映像に、 ONE OK ROCKが奏でるダイナミックな音楽と優しい歌声が重なる。キングダムシリーズの壮大なクライマックスへの期待が高まる、涙なしでは見られない映像だ。

『キングダム 大将軍の帰還』は7月12日より全国公開。

元記事で読む
の記事をもっとみる