1. トップ
  2. 英語で【都合が悪い】は何て言う?「来週の水曜日は」などの英語もご紹介

英語で【都合が悪い】は何て言う?「来週の水曜日は」などの英語もご紹介

  • 2024.6.11
  • 3466 views

予定などが合わない時の【都合が悪い】は英語で何て言う?

「都合が悪い」は英語で【not available】

ここで使われている[not]は「~でない」などの否定を表し、[available]は「応対できる・手が空いている」などを意味する英単語です。

つまり、英語では「応対できない・手が空いていない」というニュアンスで都合が悪いを表現するわけですね。

例文として、「今週の金曜と土曜は都合が悪いんです。来週の水曜日はどうでしょう?」は英語で[I’m not available this Friday and Saturday. How about next Wednesday?]などと言えばオッケーです。

他にも、「都合が悪い」の表現として[not convenient]や[doesn’t work]という表現を使う事も出来ます。

合わせて、都合が悪く予定を再調整する時にもよく使われる【再来週は英語で何て言う?】も下の関連記事からチェック!
※掲載内容はあくまでも一例です。同じ意味を持つ表現が複数存在する可能性がございます。

元記事で読む
の記事をもっとみる