1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 水道を使わずにベランダを掃除する方法!ホース不要で簡単ピカピカに。大量の水がNGなマンションでも安心

水道を使わずにベランダを掃除する方法!ホース不要で簡単ピカピカに。大量の水がNGなマンションでも安心

  • 2024.6.8
  • 65439 views

賃貸アパートやマンションに住んでいると、ベランダ掃除はなかなか難しいですよね…。他の住人の迷惑になるので、大量の水を使ったり大きな音が出る掃除方法は手が出しにくく、掃除方法に迷われている方も多いのではないでしょうか。

でもベランダは放っておくとどんどん汚れがたまるので、ピカピカに掃除する方法を知りたいですよね。

今回は、そんな賃貸物件のベランダでも、簡単にキレイに水道を使わずに掃除する方法をご紹介していきます。

①ちょっとした汚れを掃除するには?

まずご紹介するのは、ほこりや砂などちょっとした汚れをサッと掃除する方法。

大量の水を使いにくい集合住宅物件の場合は、掃除機と雑巾を使った方法がオススメです。

まず雑巾を水で濡らし、ベランダ周りを水拭きします。

目の細かいタイルや隙間に溜まった汚れなどは、掃除機で吸っていきます。

掃除機はヘッドを細かなブラシにセットしておくと、汚れが取れやすいです。

ただ賃貸物件の場合は、外で掃除機をかけると迷惑になる場合があるので使用する際は時間帯や周囲の環境などに配慮するようにしましょう。

掃除機を使えない場合は…?

前述した掃除機での吸引が難しい場合は、ちりとりでの掃き掃除をしましょう。

その際、新聞紙や古紙を一緒に使うと効果的!

方法はとても簡単。

まず新聞紙などを水で濡らし、細かくちぎります。

そしてベランダに紙をまいて・・・

ちり取りでベランダを掃いていきます。

この時、濡れた紙をコロコロと転がすように掃くのがポイント。

コロコロと紙を転がしながらベランダ全体を掃けば、お掃除完了です。

濡れた紙を転がすように掃くと、湿った紙にほこりやゴミなど細かな汚れがくっついてくれるので、とても効率よく掃き掃除ができます。

掃除機もしくはちり取りでの掃き掃除は、大量の水を必要とせずにこまめに掃除ができるので、定期的なベランダ掃除はこのような方法で行いましょう。

②頑固な汚れを取るには「ウタマロ」が大活躍!

ここまで簡単な汚れを取る掃除方法をご紹介しましたが、ベランダはカビやコケなど頑固な汚れが付きやすく汚れが取り切れないことも。

そんな時は、重曹などのお掃除用アイテムを取り入れる必要があります。

重曹を使う場合は、40℃~60℃のお湯に溶かして重曹水を作り、掃除したい箇所にスプレーして使用します。

その後水で濡らした雑巾などで拭き取ることで汚れが取れるのですが、重曹の場合はしっかりと拭き取りをしないと粉っぽくなったり白浮きしてしまうなど、注意点もあります。

そこでオススメしたいのが、今人気の「ウタマロ」クリーナーを使う方法です。

ウタマロクリーナーは既にスプレータイプになっているので溶かす必要がなく、掃除したい場所にスプレーするだけ!

あとは水で濡らした雑巾で拭き取りをするだけで、頑固な汚れも綺麗に取れちゃいます!

一見きれいに見える場所でもウタマロクリーナーを使うと、ごっそりと汚れが取れるのが分かります。

タイルなどの細かなところについた頑固な汚れも、ウタマロクリーナーをスプレーして…

ブラシや使い古した歯ブラシなどで磨くように掃除をします。

あとは水で濡らした雑巾で拭き取りをすればお掃除完了。

ウタマロクリーナーは肌や素材にも優しい成分でできているので、大量の水で洗い流すことが難しいベランダ掃除とも相性バッチリです。

簡単に掃除しただけで、頑固な汚れもピカピカになります!

ほこりや砂などの目立つ汚れは掃除機やちり取りでの掃き掃除、頑固な汚れにはウタマロクリーナーを使った掃除をすることで、水で洗い流せない賃貸のベランダでもピカピカに掃除することができます。

もちろん一軒家のベランダでも簡単なお掃除方法としてオススメですよ。

ぜひ試してみてくださいね!

撮影・文/あるぱか

元記事で読む
の記事をもっとみる