1. トップ
  2. おでかけ
  3. Snow Manラウール、『赤羽骨子のボディガード』の撮影は「楽しい思い出が多くて…」 3年4組のクランクアップ映像公開

Snow Manラウール、『赤羽骨子のボディガード』の撮影は「楽しい思い出が多くて…」 3年4組のクランクアップ映像公開

  • 2024.6.6
  • 6768 views
Snow Manラウール、『赤羽骨子のボディガード』の撮影は「楽しい思い出が多くて…」 3年4組のクランクアップ映像公開
(C)丹月正光/講談社 (C)2024 映画「赤羽骨子のボディガード」製作委員会

3年4組総勢24名の充実感溢れるクランクアップ映像が解禁に

Snow Manラウールを主演に、同名人気コミックスを映画化した“守られ系”学園アクションエンタテインメント『赤羽骨子のボディガード』。本作より3年4組24名のクランクアップ映像が解禁された。

本作は、「週刊少年マガジン」で連載中の丹月正光による同名コミックスの映画化。とある事情から100億円の懸賞金をかけられた赤羽骨子。大好きな彼女のためにボディガードとなった荒邦に与えられたミッションは、彼女にバレることなく守ること。果たして、そのミッションを無事にクリアすることはできるのか?

主人公の威吹荒邦には、映画『ハニーレモンソーダ』(21年)以来3年ぶりの単独主演となるラウール(Snow Man)。撮影1ヶ月ほど前からアクション練習を重ね、金髪&白い制服姿のヤンキー不良高校生ボディガード役に挑んだ。監督を務めるのは、『エイプリルフールズ』(15年)『ミックス』(17年)『変な家』(24年)の石川淳一。

先日、尽宮正人役を遠藤憲一、尽宮正親役を土屋太鳳が演じることが発表され、SNSでも盛り上がりを見せている本作より、3年4組総勢24名の充実感溢れるクランクアップ映像が解禁された。

威吹荒邦役・ラウールは、「楽しい思い出が多くて、現場は不安になることが多いんですけど、スタッフとキャストの皆さんがすごく和らげてくださり、集中して挑めたと思うので本当に感謝しています。皆さんの努力を多くの人に届けるため、ヒットさせることができるようにできることやります!」と座長として挑んだ本作への熱い思いを語った。

赤羽骨子役・出口夏希は、「クラスのみんなとの撮影がなくて寂しかったんですけど、完成すごく楽しみにしています!」と骨子を守るクラスメイトのアクションシーンなどへの期待を寄せ、また本作のメイキング隊長・染島澄彦役の奥平大兼は「新しい気持ちが沢山味わえたとても楽しい現場でした」と今までにない作品に携われた嬉しさを語った。

棘屋寧役を演じた高橋ひかるは、「完成が楽しみで仕方ないです。盛り上げていきたいと思います!」と宣伝へのやる気溢れる意気込みをコメント。

さらに「こんなユニークな作品に入るの久しぶりだったので、楽しかったです(倉悠貴/糸踏忠也役)」 「面白い個性あるキャラクターたちと一緒に過ごせてすごく楽しみな作品になりました(山本千尋/日暮弥美姫役)」と本作に参加できた喜びやクランクアップを惜しむキャストの姿、本編撮影中の仲睦まじい様子が盛りだくさん。戸塚純貴(迅来風太役)が、花束を持ってきてくれた坂口涼太郎(千坂時規役)に対し、「出口さんが良かったな」と冗談を交える場面も。

あわせて、クランクアップ時に楽しい思い出を体で表現したラウールのメイキング写真も解禁された。全力で駆け抜けたキャスト・スタッフ陣の魂のこもった本作を、ぜひ映画館で体感していただきたい。

また、本作のムビチケカード、ムビチケ前売り券(オンライン)が、6月14日より上映劇場窓口(一部劇場を除く)や通販サイトで発売される。ムビチケカードは、ラウール演じる威吹荒邦の躍動感あふれる姿がデザインだ。

『赤羽骨子のボディガード』は8月2日より劇場公開。

元記事で読む
の記事をもっとみる