1. トップ
  2. 恋愛
  3. 子どもができず離婚し”お互い再婚”…数年後⇒妻「私が産んだ子どもよ」夫「へ?」偶然すれ違って“真実”を言い放つ!?

子どもができず離婚し”お互い再婚”…数年後⇒妻「私が産んだ子どもよ」夫「へ?」偶然すれ違って“真実”を言い放つ!?

  • 2024.5.27
  • 43299 views

今回は、物語をクイズ形式で紹介します! クイズの解答を考えてみてくださいね。

子どもができず離婚

なかなか子どもを授かることのできなかった主人公。 心配になり病院へ検査に行きましたが、何も問題ないという結果でした。 そのため主人公は、夫にも検査を進めたのですが…。 夫は「俺の体に問題があるわけない」と怒り、病院に行こうとしませんでした。 結局、子どもができなかったことを理由に、主人公夫婦は離婚することになります。 それから数年後、主人公は3人の子どもを連れた元夫と偶然すれ違いました。 主人公も再婚していたため、2人の子どもと一緒にいて…。 その後、子どもを連れていた主人公を見た元夫から、主人公に連絡がありました。

元夫からの連絡

出典:Youtube「Lineドラマ」

子どもを連れた主人公を見て、再婚相手の連れ子を育てていると思った元夫。 しかし主人公が「私が産んだ子どもよ」と告げると、元夫は「へ?」と困惑します。

ここでクイズ

困惑する元夫に、主人公が話した事実とは何でしょう? ヒント! 元夫には、結婚しているときから伝えていたことです。

問題なかった主人公

出典:Youtube「Lineドラマ」

正解は…

正解は「自分の体は医者の診断通り、何も問題なかったこと」でした。 子どもができない原因は主人公のせいだと決めつけ離婚した元夫。 しかし、再婚後に主人公が出産したと聞き、元夫は言葉を失います。 そして元夫は「実は…」と、再婚相手と3人の子どもの真相を話し始めるのでした。 ※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。 ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。 ※こちらのお話は体験談をもとに作成しています。 (Grapps編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる