1. トップ
  2. ファッション
  3. 【50代の太めファッション】体型が隠れる! ほっそり見える体型カバー服8つ

【50代の太めファッション】体型が隠れる! ほっそり見える体型カバー服8つ

  • 2024.5.24
  • 49448 views

大人世代ともなると増えるのがボディラインのお悩み。若い頃と比べ痩せにくく、ダイエットしてもなかなか効果がない……、そんな50代って多いんです。そこで頼りたいのが体の気になるパーツを隠す洋服。体型をほっそり見せるには、どんなアイテムを選べばいいのでしょう?

今回は【50代におすすめの体型カバー服】をご紹介します。太め体型を素敵にカバーしてくれますよ♪

※記事中のモデルさんはみなさんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考にしていただけると幸いです。

【50代の体型カバー服1】ボリュームスリーブ・フレアスリーブのブラウス

若作りに見えそうだったり着膨れが心配だったりと「ボリュームスリーブ・フレアスリーブのブラウス」は敬遠しがち。でも実は50代の体型カバーにうってつけなんです。ボリューミーな袖が視線を集めてくれるため、下半身がスッキリとして見えます。

合わせるボトムはパンツがおすすめ。コーデの引き締め効果がより高まります。

【50代の体型カバー服2】フレンチスリーブのトップス

袖ありの服では暑い! そんな日は「フレンチスリーブのトップス」がイチ押し。ツンと立ち上がったフレンチ袖が肩まわりをさりげなくカバーしつつ、二の腕をほっそり見せるのに役立ちます。ノースリーブは50代にとってハードルが高く感じるものですが、フレンチスリーブなら大人の装いにマッチしますよ。

【50代の体型カバー服3】アシンメトリーのTシャツ

カジュアル派さんにもってこいの体型カバー服は「アシンメトリーのTシャツ」。アシンメトリーの中でも、後ろ下がりのデザインが特におすすめです。

カーブを描くリズミカルな裾ラインはボディラインが目立たない上に、着るだけでサマになる優れモノ。ゆったりとしたパンツを合わせても、コーデがダラしなく見えないのもメリットです。

【50代の体型カバー服4】濃色のセンタープレスパンツ

着回しやすさで定評がある「濃色のセンタープレスパンツ」は体型カバー服としても優秀。黒・ネイビー・ダークグレーは収縮色と呼ばれ、布面積を小さく見せるのに効果的です。

加えてセンタープレスが効いていることで立体的なシルエットを演出し、コーデがスッキリ決まります。きちんとした雰囲気があるパンツは50代の装いとも馴染みよしです。

【50代の体型カバー服5】シャツワンピース

全身をすっぽり隠したいときは、ハリがある「シャツワンピース」が最適です。体離れがいい生地感なのでボディラインが曖昧になり、さりげなく体型カバーしてくれます。

50代はボリューム袖やティアード切り替えなど、デザイン性が高いアイテムを選ぶと素敵。着るだけでコーデがサマになりますよ。

【50代の体型カバー服6】黒のジャンプスーツ・オールインワン

パンツ派さんには「黒のジャンプスーツ・オールインワン」がおすすめ。幅広のパンツを選べば体型が隠れる上に着心地がラク。アイテムそのものにスタイリッシュなムードがあるので、ゆったりめシルエットを着てもルーズにならずモードに決まります。

【50代の体型カバー服7】ロングジレ・ベスト

体型カバー服といえば「ロングジレ」をお忘れなく。羽織るだけで全方位をカバーする万能アイテムです。

50代がインナーに選びたいのは、シンプルなTシャツやプルオーバーとパンツのコンビ。Iラインが強調されてスッキリと見える上、ハンサムなロングジレが引き立ちます。

【50代の体型カバー服8】ジャンパースカート

「ジャンパースカート」は実はロングジレと同じ感覚で着られる便利服。そもそもトップスの上に重ね着する服なので、体の線が浮かび上がらず自然と体型カバーしてくれます。

可愛らしくなりすぎないよう大人っぽいデザインを選ぶのがコツ。Vネックやキーネックで取り入れると、顔まわりもスッキリ決まりますよ。

元記事で読む
の記事をもっとみる