1. トップ
  2. 恋愛
  3. 嫁『3万円!?』アポなし訪問してきた義両親から孫への“高価なプレゼント”に困惑…⇒周りが引いてしまう【金銭感覚のズレ】

嫁『3万円!?』アポなし訪問してきた義両親から孫への“高価なプレゼント”に困惑…⇒周りが引いてしまう【金銭感覚のズレ】

  • 2024.5.24
  • 4560 views

家計管理は、夫婦間だけでなく、義家族との関係においても非常にデリケートな問題です。 ここでは、周りが引いてしまうかもしれない金銭感覚のズレを紹介します。

支出に無頓着すぎる

「少し高いかもしれないけれど、買ってしまおう」という考えは、穏やかな家庭生活を望む人からすると心配の種になることもあります。 特に、頻繁に大きな買い物をすると、相手にとっては理解しがたいかもしれません。 財布の紐を少し締めることで、円滑な関係を築く助けになるとも考えられます。

経済状況を考慮しない発言

「お金が足りない」と頻繁に口にすることは、相手に不安を与えかねません。 このような発言は、経済的な厳しさを感じさせ、相手からの理解や協力を得るのが難しくなる恐れがあります。

必要以上の節約

家計の節約は賢明な選択かもしれませんが、過度な節約はストレスにつながることも。 適宜、リラックスできる時間や費用も大切にし、バランスを考えることが重要です。

金銭への過度な執着

お金に関する強い関心は、相手との距離を広げてしまう要因になり得ます。 財産で人を評価したり、金銭面での見栄を張ったりする態度は控え、何が本当に大切かを見極めることが大切です。

金銭感覚が違いすぎる…

「アポなし訪問してきた義両親は息子にヒョウ柄のスタイをプレゼントしてくれました。『でも高かったんじゃ…』と言うと『3万円ぐらいだったか』とさらっと言われましたが、私は『3万円!?』と驚きました」(30代/女性) 金銭感覚の違いから生じる誤解は、夫婦だけでなく、義家族との間でも微妙な問題です。 気持ちのいい関係を築くためのヒントを探りましょう。 (愛カツ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる