1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「旅行に新幹線」「エナジードリンクの購入」はNG!?夫が頭を悩ませている妻の一面とは

「旅行に新幹線」「エナジードリンクの購入」はNG!?夫が頭を悩ませている妻の一面とは

  • 2024.5.24
  • 1630 views

僕の妻はお金に対する執着心が人一倍強く、日々の買い物はもちろん、レジャーでも出費をどうにか抑えようとするため、僕はせっかくの旅行でも心から楽しむことができず、頭を悩ませています。今回ご紹介するのは、結婚後に知って驚いた妻の金銭感覚についてです。

結婚後に知った妻のお金への執着心

僕の妻はお金を払って何かをするとき、1円単位で計算をします。食料品など日常生活の買い物でも、常に複数のお店の値段をチェックして、1番安い店を選ぶのが基本です。

これだけ聞けば、節約生活を実践している主婦といった感じですが、妻は旅行のときも何を楽しみたいかではなく、金額の安さを基準にプランを組み立てるのです。

移動手段も出費を抑えるために高速バス一択で、僕が飛行機や新幹線を提案しようものなら、鬼のような形相で激怒します。妻は安く旅行ができたことでご満悦ですが、僕は希望する目的地にも行けず、疲れるバスの移動でまったく楽しめません。

1日の行動まで管理される生活

妻のお金に対する執着はどんどんエスカレートしていき、ついには僕の1日の行動まで管理されるようになりました。

仕事中の飲食代は妻が決めた予算内に収めなければいけません。外での出費はすべてメモ帳に記録して、レシートと共に帰宅後に妻に提出。たとえ予算内に収められても、エナジードリンクなどの高い飲み物を買えば、「水やお茶で十分でしょ! 食事代はもっと安くできるはず」と注文をつけてきます。

同僚との付き合いは社会人として必要だと理解しているので、多少の飲酒は許してくれます。とはいえ、予算はもちろん、注文した物を帰宅後に伝えなくてはいけないので、心から楽しめません。

交際中のデート費用は僕がすべて出していたので、妻のお金への執着を知ることができず、結婚後に初めて知った一面に驚きと困惑の日々です。

お金以外の面で妻に対して嫌だと感じる点はないため、離婚は考えていません。しかし、将来子どもができたときに子どもにも僕と同じ生活を強要するのかと思うと、若干の不安は覚えています。このままだと僕の中で不満が少しずつ募っていきそうな感じはしているので、いつか妻とは話し合いの場を設けて、金銭感覚の違いについてお互いの意見をすり合わせできたらと思っています。

著者/山上たつひこ
作画/おはな

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!


著者・イラスト制作者:マンガ家・イラストレーター おはな

ベビーカレンダー編集部/ムーンカレンダー編集室

元記事で読む
の記事をもっとみる