1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「子ども扱いされた…」年下男性がガッカリする言葉とは

「子ども扱いされた…」年下男性がガッカリする言葉とは

  • 2024.5.23
  • 2093 views

年下の男性との会話で、彼ががっかりするかもしれないポイントについて考えたことはありますか? 今回は、年下の男性が「思わずガッカリしてしまう」女性の言葉を紹介します。

高圧的すぎる

「何でも『あなた、そんなことも答えられないの?』的な女性の高圧的な話し方には疲れます。おそらく、大半の男性が避けているはずです」(26歳/男性) 高圧的で見下すような話し方は、男性の自尊心を傷つけるリスクがあります。 偉そうに見えないように、注意しながら話すことは重要です。 年の差があっても、できるだけその差を感じさせないような話し方を心がけましょう。

子ども扱いする

「子ども扱いされるのは頭にきます。『かわいいね』と言われても、年上だなと感じるだけですね」(25歳/男性) 年下の男性と話すときに、ついつい「かわいいね」と一言追加してしまいませんか? 男性は自分が子ども扱いされることに敏感なため、このような表現は心を傷つける可能性が高まります。 もし彼をほめるなら「かっこいい」「男らしいね」という男らしさを引き立てる言葉を選びましょう。

自己言及で自虐しすぎる

「自虐を聞くと、コミュニケーションから疎外感を感じてしまいます。人生経験が浅い自分が年下だと思い知らされ、深く話す気になれません」(30歳/男性) もし気になる男性が年下だったら、経験や世界観などにギャップを感じるのは自然なこと。 それを上手に乗り越えるには、大人の余裕を見せるのが大切です。

相手の年齢に関係なく尊重する

年の差があると、会話の中にはいろいろなギャップが生じてきます。 年下の男性と話すときのポイントは「違い」を尊重し、年齢の差を感じさせないことが重要です。 もし女性が会話の中で楽しむ事ができれば、相手の男性も同じように感じてくれるはずです。 (Grapps編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる