1. トップ
  2. 恋愛
  3. 10代の嫁が気に入らない義母。夫との“離婚”が決まると…『親権をよこしなさい!』⇒「周りが遠ざかる」過剰な愛情アピール

10代の嫁が気に入らない義母。夫との“離婚”が決まると…『親権をよこしなさい!』⇒「周りが遠ざかる」過剰な愛情アピール

  • 2024.5.23
  • 4454 views

過剰な愛情表現は時に相手を遠ざけてしまいます。 今回は、避けた方がよい愛情アピールの種類について紹介します。

過度な嫉妬は相手に重荷を

少しの交流でさえも、激しい嫉妬を示してしまうのは、相手を大いに悩ませる行為となりかねません。 過剰な束縛は相手に不安を与え、見守る姿勢を忘れずにいるべきだと考えられます。

親しくないのに…

交際していない段階で、すでに恋人のように振る舞うことは、度が過ぎた行為であると受け取られがちです。 好意的な反応は得られるかもしれませんが、その親密さが相手にとって過剰だと感じさせるリスクがあります。 したがって、焦らずに適切な距離感を保つことが重要です。

決めつけた発言は慎むべき

「10代で嫁になった私を以前から気に入らない義母。数年後、夫との“離婚”が本当に決まると『親権をよこしなさい』『あんたなんかに子どもは育てられない』と言われて…思わず背筋が凍りました」(20代女性) 相手の気持ちを尊重し、自分勝手な言動を慎むことが良好な関係性には必要です。 適切な態度を心がけ、思いやりのある行動をみせることが望ましいと言えるでしょう。 (Grapps編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる