1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【必見】男性が「彼女にしたい」「奥さんにしたい」女性の違いとは?

【必見】男性が「彼女にしたい」「奥さんにしたい」女性の違いとは?

  • 2024.5.23
  • 3683 views

【必見】男性が「彼女にしたい」「奥さんにしたい」女性の違いとは?

結婚することを視野に入れた恋愛を進展させたいと思うなら、その違いを把握しておくことは非常に重要でしょう。 今回は「彼女になれる女性」と「奥さんにしたい女性」との違いを詳しく見てみましょう。

「彼女にしたい女性」と「奥さんにしたい女性」の違い

「安心感」を感じる

「一緒にいると、自分自身がストレスから解放され、リラックスする時間が持てる女性が理想です」(32歳/男性) 恋愛ではドキドキ感を好む男性も多いですが、結婚生活にとって大切なのは安心感です。 一緒にいると静かで落ち着く、そんな存在が奥さんとなる女性には求められるでしょう。 刺激は恋愛においてはスパイスになりますが、結婚では不安を引き起こす可能性があります。

「自立」している

「結婚相手として求めるのは、しっかりと自立している女性です。依存しすぎる女性は、将来的に面倒な問題を引き起こす可能性があるので不安です」(28歳/男性) 男性には「結婚したら家庭を支えていかなければならない」という強い責任感が備わっています。 そんな彼らにとって自分に依存しすぎる女性は、長い結婚生活を送る上でネガティブな結果をもたらすかもしれません。 結婚生活で一緒に生活できるのは、自立している女性が適しています。

「前向き」な姿勢

「物事を前向きに捉えている女性と一緒にいると、自分も元気になれます。そういう女性と結婚するとなれば、何でも乗り越えていけそうです」(31歳/男性) 恋愛においては、神秘的な雰囲気を持つ女性に引かれる男性が少なくありません。 しかし結婚相手となると、そのような神秘的な女性よりも、何事にも前向きに取り組む女性を求める傾向があります。 一緒にいると誰もが活力を感じ、自己確認ができる女性と一緒にいると幸せな日々を過ごせるでしょう。

お互いを「補う」存在

「サポートし合える関係性はとても大切だと感じます。どちらかが弱っていても、お互いにサポートし続けられるような関係性は、夫婦の絆を深められると思います」(33歳/男性) このような考えは特に、結婚を視野に入れる男性にとっては必要な考え方です。 どんな困難な状況であったとしても、一緒に何とか乗り越えようというパートナーの心温まる姿勢を見ると、男性はその女性が自分にとってかけがえのない存在だと感じるはずです。

結婚は一緒に歩むこと

男性が結婚相手を選ぶときは、ただの恋愛からは少し変化します。 「人生を共に歩もう」という強い意識を持つ女性であれば、男性も同じように感じることでしょう。 (愛カツ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる