1. トップ
  2. ハ・ジョンウ、イム・シワンらがおくる衝撃と感動の実話! 韓国映画『ボストン1947』8.30日本公開へ 予告編解禁

ハ・ジョンウ、イム・シワンらがおくる衝撃と感動の実話! 韓国映画『ボストン1947』8.30日本公開へ 予告編解禁

  • 2024.5.23
  • 75 views
映画『ボストン1947』ポスタービジュアル (C)2023 LOTTE ENTERTAINMENT & CONTENT ZIO Inc. & B.A. ENTERTAINMENT & BIG PICTURE All Rights Reserved width=
映画『ボストン1947』ポスタービジュアル (C)2023 LOTTE ENTERTAINMENT & CONTENT ZIO Inc. & B.A. ENTERTAINMENT & BIG PICTURE All Rights Reserved

韓国映画『ボストン1947』の日本公開日が8月30日に決定。予告映像とポスタービジュアルが解禁された。

【動画】祖国への想いを胸に命がけのレースに挑む、衝撃と感動の実話! 韓国映画『ボストン1947』予告編

本作は、ベルリンで止まった時間を動かすために、祖国への想いを胸に命がけのレースに挑む真実に基づく衝撃と感動のヒューマンエンターテインメント。

1936年、ベルリンオリンピックのマラソン競技において、日本は世界新記録を樹立、金メダルと銅メダルを獲得し、国民は歓喜に沸いた。しかし、その2個のメダルには秘められた想いがあった。日本代表としてメダルを獲得したソン・ギジョンとナム・スンニョンが、日本名の孫基禎と南昇竜として表彰式に立ったのだ。

第2次世界大戦の終結と共に、彼らの祖国は日本から解放されたが、メダルの記録は日本のままだった。1947年、ボストンマラソン。その2人がチームを組み、才能あふれる若きマラソン選手を歴史あるボストンマラソンに出場させる。祖国の記録を取り戻すために―。

監督は、全世界で熱狂を巻き起こした『シュリ』『ブラザーフッド』のカン・ジェギュ。壮大なスケールで重厚なヒューマンドラマを描いてきた名匠が、スポットの当たることが少なかった祖国解放から朝鮮戦争の間の時代の真実に迫る。

韓国で伝説の人となった金メダル選手ソン・ギジョンを演じるのは、『チェイサー』『1987、ある闘いの真実』などに出演する、韓国のトップ俳優ハ・ジョンウ。ボストンで走る若手選手ソ・ユンボクには、最旬俳優として注目され『イカゲーム2』への出演も決まったイム・シワン。本格的な訓練を受けて体脂肪を6%まで落とし、マラソン選手としてのリアルな肉体を作り上げた。

さらに、ベルリンで銅メダルを獲得したナム・スンニョンに千の顔を持つ俳優として知られるぺ・ソンウが、ソ・ユンボクに想いを寄せるオクリムに『恋慕』『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』のパク・ウンビンが扮している。

このたび、解禁された予告映像では、ソン・ギジョンが本名ではなく日本名で金メダルを獲得した1936年のベルリンオリンピックのシーンから始まる。時が経ち1945年に韓国が日本から解放された後、荒れた生活を送っていたソン・ギジョンの前に、ベルリンで共に走り銅メダルを獲得したナム・スンニョンが現れ、“第2のソン・ギジョン”と期待される若手選手ソ・ユンボクを、ボストンマラソンに出場させようとチームを組むことに。祖国の国旗をつけて走り、ベルリンで“止まった時間”を動かすために―。

厳しい特訓と数々の試練に立ち向かう選手たちの姿が映し出され、「若い子には本名で走らせてやろう」というソン・ギジョンの悲願が熱く語られる。ベルリンで止まった時間を動かすために祖国への想いを胸に命がけのレースに挑む選手たちをゴールで待つものとは? 真実に基づく衝撃と感動の物語に、胸の熱くなる予告映像となっている。

また、併せて解禁されたポスタービジュアルでは、“走れ!あの日、止まった時間を動かすために。”というコピーと共に、ボストンマラソンで祖国の国旗の付いたユニフォームで走るソ・ユンボクと、その姿に自らを重ねて応援するソン・ギジョンたちの姿が切り取られている。

映画『ボストン1947』は、8月30日より全国公開。

映画『ボストン1947』予告編

元記事で読む
の記事をもっとみる