1. トップ
  2. 稲垣吾郎「僕も迷いながらやりました」 河合優実主演映画『あんのこと』場面写真&メイキング写真が解禁

稲垣吾郎「僕も迷いながらやりました」 河合優実主演映画『あんのこと』場面写真&メイキング写真が解禁

  • 2024.5.23
  • 43 views
映画「あんのこと」より (C)2023『あんのこと』製作委員会
映画「あんのこと」より (C)2023『あんのこと』製作委員会

【動画】稲垣吾郎“桐野”、河合優実“杏”と佐藤二朗“多々羅”と出会い心揺れる

稲垣吾郎が出演する、河合優実主演映画「あんのこと」が6月7日(金)に全国公開。ジャーナリスト・桐野を演じる稲垣の新規場面写真とメイキング写真が解禁され、稲垣と入江悠監督からコメントが届いた。

少女の壮絶な人生を綴った新聞記事をもとに描く映画「あんのこと」

本作は、2020年6月に掲載された「少女の壮絶な人生を綴った新聞記事」を基に描く、衝撃の人間ドラマ。「SRサイタマノラッパー」シリーズ(2009年、2010年)や「AI崩壊」(2020年)を描いた入江監督が映像化する。

河合が底辺から抜け出そうともがく主人公・杏役を、佐藤二朗が杏に更正の道を開こうとするベテラン刑事・多々羅役で出演。稲垣は週刊誌の編集部で働き、杏に小さな老人ホームで介護の仕事を紹介する一方で、3年前から多々羅と、主催する薬物更生者の自助グループ・サルベージ赤羽の活動を取材しているジャーナリスト・桐野を演じる。

自分の心情を語るセリフが一切ない稲垣吾郎「僕も迷いながらやりました」

このたび稲垣が映る場面写真が解禁。最低限の荷物を持って家を飛び出した杏を迎える多々羅と桐野ら3人を捉えたシーンをはじめ、ある衝撃的な事実に呆然とし腰を抜かす姿や、ジャーナリストとしての仕事ぶりが垣間見れる編集部での様子が切り取られている。また喫茶店や取調室でのメイキング写真も到着した。

河合優実が“影の主人公”と表現するように、主人公・杏の人生を描く一方で、実際の事件を取材した新聞記者をベースにした桐野の目線でも語ることができる本作。桐野が自分の心情を語るセリフは劇中では一切ないため、稲垣は役作りに苦労したとのことだ。

入江監督は「桐野という人物が抱える独特の居心地の悪さ、どっちつかずの葛藤みたいなものを、稲垣さんが絶妙に体現してくれました。シーンによっては無表情で、何を考えているのか見えにくいこともある。でもトータルの芝居には何とも言えない揺れが滲むんです。見事だと思いました」と称賛を送っている。

そんな稲垣は自身の役柄について、「ジャーナリストとしての正義感と、二人との友情と、一会社員としての下心。いろんなところで揺れ動く役なので、それが上手く伝わってればいいなと僕も迷いながらやりました。答えがひとつではない映画ですが、いまの社会にとって必要な映画だと僕は思います」とコメントした。

映画「あんのこと」より (C)2023『あんのこと』製作委員会
映画「あんのこと」より (C)2023『あんのこと』製作委員会

映画「あんのこと」あらすじ

21歳の主人公・杏(河合優実)は、幼い頃から母親に暴力を振るわれ、10代半ばから売春を強いられて、過酷な人生を送ってきた。ある日、覚醒剤使用容疑で取り調べを受けた彼女は、多々羅(佐藤二朗)という変わった刑事と出会う。大人を信用したことのない杏だが、なんの見返りも求めず就職を支援し、ありのままを受け入れてくれる多々羅に、次第に心を開いていく。

週刊誌記者の桐野(稲垣吾郎)は、「多々羅が薬物更生者の自助グループを私物化し、参加者の女性に関係を強いている」というリークを得て、慎重に取材を進めていた。ちょうどその頃、新型コロナウイルスが出現。杏がやっと手にした居場所や人とのつながりは、あっという間に失われてしまう。行く手を閉ざされ、孤立して苦しむ杏。そんなある朝、身を寄せていたシェルターの隣人から思いがけない頼みごとをされる。

元記事で読む
の記事をもっとみる