1. トップ
  2. 恋愛
  3. 平社員が『営業車』で自損事故。「君に車は貸せない」「そんな…」その後”条件つき”で使用許可をもらうも⇒まさかの事態に!?

平社員が『営業車』で自損事故。「君に車は貸せない」「そんな…」その後”条件つき”で使用許可をもらうも⇒まさかの事態に!?

  • 2024.5.23
  • 10394 views

皆さんは、車にまつわるトラブルに遭った経験はありますか? 今回は「営業車であおり運転をする社員」にまつわる物語とその感想を紹介します。 ※この物語はフィクションです。

イラスト:レイナの部屋【ブラックわーるど】

ストレスが溜まっていて…

大手企業の営業部で、平社員をしている主人公。 仕事が忙しくてなかなか休めず、ストレスがたまっていました。 ある日、営業車で帰宅していたときのこと。 「やっと仕事が終わった」とホッとしている主人公のもとに、上司から仕事の連絡がきます。 会社に戻るように言われ、イライラした主人公はあおり運転をしたのです。 気持ちが高揚した主人公は、その日以降あおり運転を繰り返すようになったのですが…。 数日後、主人公はあおり運転で自損事故を起こしてしまいます。 警察に叱られ、危険な行為が会社にもバレてしまった結果…。

車の使用を禁止

lamire
出典:レイナの部屋【ブラックわーるど】

上司に「君に車は貸せない」と言われてしまい、主人公は「そんな…」と愕然とします。 しかしその後、主人公が必死に上司を説得すると、上司は「危険運転は二度としないように!安全運転ね!」と条件つきで車の使用を許可してくれました。 ところがストレスが限界に達した主人公は、あおり運転で再び事故を起こしてしまい…。 「てめぇずっと俺をあおってただろ!」とイカつい相手の怒号に、主人公は「マジかよ…最悪…」と顔面蒼白になるのでした。

読者の感想

どれだけストレスがたまってイライラしていても、危険な運転はしてはいけないですね…。 車を運転するときは、周囲への配慮と責任感をもって運転してほしいです。 (30代/女性)
主人公の説得を上司が聞き入れてくれた矢先、再び事故を起こした主人公に呆れてしまいました。 今までのあおり運転について、主人公は深く反省するべきですね…。 (50代/女性)

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。 ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。 ※実際に募集した感想をもとに記事化しています。 ※記事内の行為は犯罪です。絶対に真似をしないようにしてください。 (lamire編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる