1. トップ
  2. 恋愛
  3. 朝から“娘のお弁当”を作る私に…「可哀想だ」夫の“一言”を聞いて⇒口論を避けるための“言葉遣い”

朝から“娘のお弁当”を作る私に…「可哀想だ」夫の“一言”を聞いて⇒口論を避けるための“言葉遣い”

  • 2024.5.23
  • 1761 views

憶測を避け、平穏を保つ会話のテクニック

日頃より些細な行き違いや対立から、口論に発展することが少なくありません。 こうした小さな争いが、関係に深刻なダメージを与える可能性があるのかもしれません。 表現を少し変えるだけで口論を避けることができます。 そこで今回は、口論を避けるための方法を紹介します。

穏やかな話し方

「彼女がよく『どうして連絡しないの?』と非難する口調で話かけてきます。そのせいで気分が害されるし、反論したくなってしまいます」(29歳/男性) 「どうしてしてくれないの?」と相手を非難するような言い方は相手にいい印象を与えることはないでしょう。 むしろそこから口論になってしまう可能性も。 「○○してくれると嬉しいな」と話し方を変えてみるだけで、むしろ相手もリラックスすることでしょう。 気になることがある場合には「もっと詳細を教えてくれない?」と聞いてみると、前向きな反応が返ってくる可能性があります。

配慮のある質問

「相手が言っていることが正しくても、話し方によっては嫌な気持ちになります。『これ、前にも話したよね?』と指摘されると、反抗心がわいてきます」(32歳/男性) 自分としては同じことを言っているつもりでも、言い方によって相手に与える印象は大きく変わります。 「これ前にも言ったよね?」と言ったような口調だと、相手に対して威圧感を与えてしまうでしょう。 相手の自尊心を傷つけないような表現を選ぶべきです。

共感の表現による気遣い

「デートプランを決めるときに、僕が提案したことに対して「それで大丈夫」と言われるととてもがっかりしてしまいます。僕の言っていることをちゃんと聞いてくれていないように感じるし、あまり興味がないのかなと思ってしまいます」(25歳/男性) 「じゃあ○○で」とか「○○ではダメなの?」という言い方は、相手をがっかりさせかねません。 被害者的な立場に立たせてしまうことがあり得ます。 この場面では「○○がいいね」「○○はどうだろう?」などの肯定的な表現を選ぶよう努力すべきです。

言葉づかい

「娘のお弁当に冷凍食品を使っていたのですが、それを知った夫が『冷凍食品ばかりで可哀想だ』とあきれたようにいってきました。 私は冷凍食品を使ってでも私がお弁当を作ることに意味があると思っていたので… 夫からの心ない言葉を聞いて泣いてしまいました。」(32歳/女性) 人づきあいにおいて言葉遣いは非常に大切なものです。 相手が親しい関係性の人であっても、ちょっとしたズレによって関係性が大きく変わってしまうこともあります。 しかし言葉の選び方を少し見直すだけで、不要な争いを避けることが可能となります。 毎日の細かな配慮を忘れずに、誤解や対立を少なくしていくことが大切です。 (Grapps編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる